Myanmar Eye

タグ:仏教 ( 5 ) タグの人気記事

イエス・キリストとお釈迦様

昨日のクリスマス、夜はミャンマー人ガイドの知人に呼ばれてクリスマスパーティーに行ってきました。
と言ってもご夫婦の自宅でホットポットをつまみながらの実につつましいホームパーティー。
カチン州の何か変わった果実酒を飲みながらほろ酔いで楽しく過ごすことができました。

そのご夫婦宅で驚いたのが仏壇の状況。
こちら、旦那さんが仏教徒で奥さんがクリスチャンなのですが、仏壇にはイエス・キリストと
お釈迦様が並んでしまっている!仏壇ではなくて何と呼べばいいんでしょうか。

宗教間の争いが紛争を引き起こしている昨今の国際情勢ですが、多くの人がこのくらいお互いの宗教に
寛容になれればもっと争いは減るのではないかな~なんて思いました。
ご夫婦はそれぞれ40代を越えてからの結婚でしたがとても仲良しなカップルでした。
c0098222_18432051.jpg


クリスマス鍋!
c0098222_18484263.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-12-26 19:30 | 人・暮らし | Comments(2)

森の僧院

気付けば11日間もブログ更新が滞ってましたね。時間の経つのが速い!

旅行社設立の準備をしながら諸々の雑務に追われているという状況です。
しかしミャンマーの役所にはホトホト嫌になりますね。
日本では信じられないような対応が続出です。
おかげで7月オープンという目標はかなり厳しくなりました...。

前回の山頂遺跡の直下にある僧院は森に囲まれた落ち着いた場所で、
ここも素晴らしいパワースポットでした。
c0098222_13351294.jpg
建物の横にそびえる大きな木。
c0098222_13442344.jpg
住職(左の方)。10年ほど前からこの僧院を任されている。
先代の意志を継いで僧院の森を守っている。
c0098222_13455307.jpg
僧院には電気は来ていないのですが大きなソーラーパネルが設置されていて、
夜の明かりや放送用の設備などに使われているという。

今までに数名、外国人が訪れたことがあるそうな。
ランの研究で滞在した2人の日本人。そして孔雀を撮影に来たドイツ人。
孔雀はこの辺りに少ない貴重な自然林である僧院の山には多く生息しているのだそうです。

お茶とお菓子をいただきました。
この米から作った塩味ベースのお菓子はこの辺りの特産。
とってもおいしくてミャンマーのお茶とも合うのです。
ひっきりなしにパクパク食べていたのに住職は気付いていたようで、
なんとこっそりお土産として渡してくれていたのに帰りの車中で気付きました。
粋な計らいに感謝!
c0098222_13555541.jpg
更に孔雀の羽もお土産にいただきました!綺麗だ~
c0098222_13461521.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-07-11 16:29 | 建物 | Comments(0)

散歩でわかる村人の仏教への並々ならぬ思い

引き続きメイッティーラ近郊の村を歩きます。

ミャンマーの農村では本当に本当に仏教への思い、僧侶への尊敬の念が
強いことを実感させられる光景によく出会います。
この村でもそうでした。

地べたに座り込んで深々と祈りを捧げる老婆。
c0098222_15135267.jpg
こちらも。僧侶はまだ30代ですからね。
日本人の感覚だけで見ると違和感を感じてしまいます。
c0098222_15142203.jpg
こんない幼い子どもまで!ちょっと仕草がカワイイですね…。
いかに彼らの人生に仏教が深く関わっているかが見て取れますね。
c0098222_15150788.jpg
こちらも。
自分は無宗教!とひとことで片付けられる人が多い日本人の目からは
少し見えにくい部分かもしれませんね。
この国でビジネスなりを行おうとするなら、こういったことをしっかり
理解しようとすることも重要ではないでしょうか。
なんてことをふと考えちゃいました。

私がやっている南シャン州交流会では、地域のお坊さんと協力して何かを行う、
ということがあります。
お坊さんを通すと話が早いというか、皆さんよく協力してくださるんですよね…。
c0098222_15153417.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-03-07 15:23 | 習慣・言い伝え | Comments(0)

輪廻のはなし1

あるダヌ族のおばさんが話してくれた、輪廻に関する話。

おばさんのところは子沢山で、子供が10人もいる。
その中の1人の娘は、おばさんの旦那さんの母親が生まれ変わった姿であると彼女は信じている。

まだずっと昔、おばさんが若かった時に旦那さんの母親は亡くなった。
そしてある時、亡くなった母親が夢の中に現れた。
夢の中でそばをご馳走してくれと頼まれたので、ご馳走した。
母親はそばを食べた後、満足して死後の世界へ帰ろうとしたが、何故か帰れなくなってしまったという。

そんな夢を見た翌日に、おばさんは子供ができたことに気付いた。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_0103572.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-02-10 00:11 | 習慣・言い伝え | Comments(0)

モノクロ写真館9

ヤンゴン郊外、とある寺院の外れに建つ崩れかけた建物を覗き込んでみると、生々しい程きれいに色を塗りなおされた釈尊と弟子たちの像が安置されていて驚いた。
釈尊の背後には菩提樹が。
釈尊が悟りを開かれた後、初めて説法を説いたときの光景を再現しているのだろう。
建物の廃れ具合が内部にある像の生々しさを激しく際立たせていて、釈尊の物語の重要な一コマを見るものにより強く印象付けているようだった。
カメラ:ニコンFE フィルム:コニカ パン400 レンズ:24mm
c0098222_2353590.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-08-29 23:05 | モノクロ写真 | Comments(2)