Myanmar Eye

タグ:ヤンゴン ( 95 ) タグの人気記事

ヤンゴン近郊 列車の旅とバスの旅

日本から来たBさん、タイから来たWさんと共に訪れたのはヤンゴンの郊外。
工業団地に近い場所ですが、目的の場所について情報が少なく、どこかの記事で
ある区間を走る「列車の窓から見えた」というなんとも乏しい情報を頼りに
列車の旅を敢行したのでした。
目的の場所というのはBさんの仕事に関する秘密の場所です♪
c0098222_18474827.jpg
運賃は確か外国人は一人1000チャットだったような気がしたのですが、このときには
事務所まで連れて行かれてサインをさせられたりと何だか面倒なことはありましたが
結局200チャットでOKでした。
c0098222_19012238.jpg
ま、旅と言っても乗車していたのは数十分ですが、とにかく目的の場所は
見つけることができました。しかし不思議なことに列車では確認できたのに
下車して探すと見つからない!
線路を歩いて戻って探したのですが見つからず。
c0098222_19040506.jpg
仕方なくもうひと駅先まで行ってみようということになり、既に動き出している
列車に飛び乗るという冒険を冒して次の駅へ。
飛び乗ろうとしたら車掌さんが列車の速度を落としてくれたのには驚き!
なんとものんびりしてますねえ。
しかしこのひと駅区間の乗車、なんと無賃乗車してしまいました。
車内でおっさんに何か話しかけられたけど、次で降りると言ったら許してくれました。

お目当ての場所を見つけることはできなかったのですが、下車した駅に隣接する町が
なんともノスタルジックというか、ヤンゴン中心部の喧騒からは想像できないような
のんびり度で、男3人子供のようにキョロキョロしながら散策を楽しんだのでした。
c0098222_19095006.jpg
c0098222_19114985.jpg
町を抜けると広い道路があり、そこからはバスに乗りました。
バスと言ってもトラックの荷台を改装したトラックバス。
ミャンマー3回目のBさんですがトラックバスに乗ったのは今回が初めて。
乗り心地はともかく楽しんでいただけたようでした。
c0098222_19124725.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-05-28 19:15 | 乗り物 | Comments(0)

スタイリッシュ空間 TS.1

とは言っても実は最初その店を外から見たときは、そもそも気づかずに通り過ぎて
しまうほど入り口は目立たないし、概観はやや古びた倉庫そのもの。
c0098222_21534887.jpg
しかし中にはいきなりハイセンスな空間が広がり、何だかヤンゴンとは別世界な感じでした。
ここはギャラリーとミャンマーの素材をモチーフとした家具などを売る店舗になっています。
写真右下のナガ族の布を使ったイスなんて素敵でしたね。
c0098222_22003474.jpg
私が面白いなと思ったのは展示されていたいくつかのアート。
ミャンマーのコンテンツを使ったこんなアートって今までほとんど見たことなかった。
c0098222_22032509.jpg
今回はYANGON CALLINGさんと一緒でした。
YANGON CALLINGさんの話では、商品の配置や天井からの自然照明の取り方など、
この空間はかなり高度に計算されているのだそうです。
なるほど、そう言われれば自然光だけで室内がやわらかい光に包まれていて隅々まで明るい…

TS.1についてはYANGON CALLINGさんのブログでもっと詳しく書かれています。
ご興味ある方はこちらへ!
c0098222_22021682.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-05-23 22:08 | | Comments(2)

有機野菜の販売店"Organic Green Hill"がOPEN

NGO地球市民の会がシャン州で栽培した有機野菜を販売するこのお店。
15日がOPENの日ということで、見に行ってきました。
実は1週間くらい前にも色々お話を伺いたく一度訪問していたのですが、
そのときはまだ野菜など売り物は到着しておらず。
OPENしたら最終的にどんな雰囲気になるのか楽しみでした。
c0098222_12184718.jpg
ひとことで言えば「オシャレ!」。
屋外は灼熱のヤンゴンでしたが、中は涼しく、どこか南仏カントリースタイルな
感じで落ち着く!

窓際に置かれた水菜や大根も何だかとてもオシャレに見えてきます。
c0098222_12193801.jpg
c0098222_12205096.jpg

個性的な大根たち!
c0098222_12220644.jpg
ここはオーガニックコーヒーが飲めるカフェにもなるそうですよ。
早いWi-Fiとか設置されたらアウトですね。PC持ち込んで居ついてしまいそうです。

うちもシャン州で野菜を育てていますが、こんなお店が作れたらいいな~と
思いましたね。
c0098222_12251028.jpg
ミャンマーの作物事情は残念ながらあまり良くなくて、輸送における管理の問題、
農薬の問題やその他課題が結構あったりします。
こうしたお店があることで、ミャンマーの食の安全についての意識がミャンマーの
人たちにももっと広がっていくといいですね。

所在地その他情報はこちらに出ていますのでチェック!



クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-05-16 12:28 | | Comments(4)

道の向こうのンガータッジーパゴダへ

チャウタッジーパゴダの涅槃仏の背中側はちょっと見晴らしがきくようになっていて、
目の前の道路の向こうの高台の上にもうひとつの寺院が見えたので行ってみました。

こちらはンガータッジーパゴダ。チャウタッジーパゴダは観光客が多かったけど
こちらは観光客も地元の人も少なくて静かな落ち着いた雰囲気。
ここの仏像も結構大きい。仏像のまわりをゆっくりと歩いてみた。
c0098222_09070542.jpg
弟子を従えて歩く仏陀の像。多くのミャンマーの寺院と同じく、ここでも様々な仏陀の物語が溢れていた。
c0098222_09082891.jpg
寺院の一画には精霊ナッが祭られている。
こちらは商売の精霊、ボーミンガウン。柵の向こうから妙にリアルなおじさんの顔がこっちを見ていて、
ちょっとドキッとしてしまいます。
c0098222_09090806.jpg
ボーミンガウンにお供えするのは煙草。煙草が好きなのです。
こんなふうに火をつけてテーブルに立てて供えます。
煙草が短くなるペースが速いな、と感じたらそれはボーミンガウンがまさに今、煙草を吸ってくれている証拠だそうな。
そして立てた煙草が倒れずに最後まで吸ってもらえたなら願いは叶うのだという。
今年は商売に力を入れる予定なので真面目に祈ってみましたよ。
c0098222_09102626.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-01-27 16:05 | 建物 | Comments(2)

巨大寝釈迦仏とお土産事情

仕事帰りにチャウタッジーパゴダに立ち寄りました。
吸い込まれそうな長い参道を抜けると…
c0098222_09590913.jpg
いつ見ても大きい!
c0098222_10001362.jpg
人の背丈と見比べるともっと実感できますね。
c0098222_10005820.jpg
チャウタッジーパゴダには土産物屋が何件かあるので店内を覗いてみました。
品揃えは4年ほど前に訪れたときとほとんど変わらず。
どの店も質の悪い木製仏像やお決まりのデザインで揃えた天然石アクセサリーが並ぶ。
店の女の子は「観光客は増えたのに売り上げは全然増えないよ~」と嘆いていたけど
それはそうだろう。しかし品揃えをしっかりやればそれなりに儲かるんじゃないだろうか。
何と言っても目の前に次々と大きな観光バスがやって来ているのだから。

女の子の一人は首飾りを自分の首に巻いて、豊かな胸の谷間と共に「ホラ、ホラ、ネ?」
と言った感じで上目遣いで積極的なアピールを展開してくれたのだけど、やはり谷間よりも
商品の魅力が大事ですよ(谷間も大事かなとチラと思ったりもしたけど)。

クリックいただけると嬉しいです♪ 
[PR]
by thitsa | 2014-01-19 10:00 | 建物 | Comments(0)

新年会の夜の街

昔から深くミャンマーに関わってきた、ミャンマーを愛してやまないお二人と
ローカルな居酒屋で新年会やってきました。
ミャンマーが好きでこちらに来ている方たちとの会話は本当に楽しいです。

写真は新年会の店の近くの街の様子。時間があったので少し散歩しました。
煌びやかな寺院。
c0098222_08590795.jpg

通りの角の食堂。
c0098222_09020192.jpg
もうひとつ食堂の風景。この通りにはこんな路上食堂が何件もあっていつも多くの人で夜遅くまで賑わっています。
c0098222_09040824.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-01-14 16:10 | 風景 | Comments(4)

初散歩

気づいたらもう今年も12日。気を引き締めていかねば!

今年最初の朝の散歩会は今までで一番の大人数でスタート。総勢6名でした。
日本から旅行で来ていた散歩会代表の友人親子や、歩きながら軽やかにロンジーを巻き直す
”ベテラン”な空気を漂わすU青年が参加。
c0098222_912175.jpg

初朝食はこちらで。
年配のおじさんたちが目立ちます。
壁の色合い、柱の傾き具合。相当”老舗”な雰囲気を感じる店。
きっとおじさんたちはずっと若い頃からこの店に通い詰めていたんじゃないだろうか。
c0098222_912391.jpg

この日歩いた区間はあまり目を引くものもなく、また大勢で話も弾み、写真をほとんど撮らないまま
”締め”の喫茶店まで来てしまいました。今回は結構距離を稼げましたね。

喫茶店でも話は尽きず、楽しく過ごすことができました。
…が、このあとミャンマー人の結婚式に出席することになっていて、私だけそそくさと退散してしまいました。
も少し語りたかったな。
c0098222_9134985.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2014-01-12 10:13 | イベントいろいろ | Comments(2)

パラタ屋

朝の散歩の続きです。
朝食はパラタにしました。道端の店にどっかと腰を下ろす。

おばちゃんが手際よく丸いのをのばして…
c0098222_9584086.jpg

フライパンでサッと火を通す。
c0098222_959230.jpg

豆パラタの出来上がり。
揚げニンニクをまぶしてくれました。
ゆで豆の控えめな甘さが口の中に広がります。

この店ではダジャー(砂糖)パラタ、チェッター(鶏肉)パラタ、ペイ(豆)パラタの
3種類が売られていました。
c0098222_9593271.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-12-23 17:57 | | Comments(0)

タザウンダインとストゥティーター

昨日はタザウンダインの祭りの日ということで、毎朝食事を布施している少年僧に袈裟を寄附しました。
袈裟は前の日の夜に僧侶のアイテム専門店で買ってきました。
袈裟と言ってもピンからキリまであるそうで、写真の袈裟は何と日本円で約15万円。
蓮から取った貴重な糸を使ってしかも完全なハンドメイドとのこと。
受け取った僧侶はこんな高級品を身に纏うことについてどう考えるのだろうか?
c0098222_10331760.jpg

午後は地元でストゥティーターという食べ物を寄附する行為に参加しました。いわゆる仏教の徳を積む行為ですね。
寄附する人は町内会で自分の番号を決めてもらい、その番号を掲示したテーブルを家の前に置きます。
寄附する食べ物は好きに決めることができるので、うちではカップ麺とオーバーティンという栄養飲料の粉を50人分用意して
テーブルに並べました。

で、町内会の方では番号札を用意して訪れた人に配ります。
番号札を手に入れた人はその番号の書いてあるテーブル(寄附者)のところで札と食べ物をタダで交換できるのです。
番号札は早いもの勝ちなのであっという間に長い行列が発生。
c0098222_10343833.jpg

こんなふうに番号が貼ってあり、自分がもらった札の番号のところで食べ物を受け取ることができる。
子供からお年寄りまで楽しそうに自分の持つ番号を探していました。
c0098222_10352892.jpg

こちらでは番号札が無くてもご馳走してもらえました。ココナツスープのオンノカオソエ。
大きな鍋で作ったココナツスープをたっぷりと注いでくれます。
c0098222_10362585.jpg

すごく美味しかったですよ。
c0098222_10354355.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-11-18 18:15 | イベントいろいろ | Comments(0)

街を彩る明かり

ミートゥンポエ(灯明祭り)を控えた夜の街はまるでクリスマスのように
電気の明かりがあちこちに灯され、街並みをいつもより美しく彩っていました。
c0098222_9383392.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-10-18 09:27 | イベントいろいろ | Comments(0)