Myanmar Eye

タグ:ピイ ( 3 ) タグの人気記事

癒しのひととき パヤーマーパゴダ

夕暮れ時に向かったのはピュー王国の城壁外の北にあるパヤーマーパゴダ。
バガンの時代よりも古い6世紀から7世紀に建てられた。
まわりはのどかな田園風景が広がっています。
c0098222_11242248.jpg

人影もまばらな田園地帯に建つ様子は、そのどっしりとした安定感ある
形と相まって、見ているとなんだかとても気分が落ち着くものでした。
夕方、人気のない静かな場所で対峙する古い遺跡というものは、
何かをそっと語りかけてくるような、そんな気がしてきます。
c0098222_11250030.jpg
c0098222_11254080.jpg


仏塔に寄り添うように聳える菩提樹も印象的でした。
c0098222_11262411.jpg

ゆっくりと沈みゆく夕日。
まわりに誰もいないパゴダの台座に腰かけて、静かに色の変化を堪能。
悠久の時を感じるひととき。
c0098222_11271647.jpg

小さな川を渡って帰るとき、橋の傍で夕涼みする村人の姿が。
どことなく皆、感傷的な表情に思えた。
c0098222_11280313.jpg

川の中に何かいるなと思ったらたくさんの水牛が気持ちよさそうにしている。
僅か30分ほどの滞在でしたが、アジアというものを強く感じるひとときでした。
c0098222_11284297.jpg


クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2016-05-29 15:30 | 建物 | Comments(0)

世界遺産のピイに行く ~眼鏡をかけた仏像~

この数週間で結構目まぐるしくあちこちを旅していたのですがそれらを
お伝えする時間がなかなか持てませんでした。

ピイを皮切りにインレー湖、象キャンプ、カロー、それからヤンゴンに
戻って翌日はガパリ、そのまた翌日にはまたヤンゴンに戻って市内を
まわるという感じでした。
ガパリはちょうどサイクロンが近づいていたのでどうなるかと
思ったけどどうもならずでした。

さて、まずはピイですが、これは観光地の視察のために行ったのですが、
実はその裏に隠されたもうひとつのミッションがあったりしました。
それはさておき、今回は以前ピイを訪れた際に見ることができなかった
いくつかの見どころをまわってきました。

そのひとつはこちら。眼鏡をかけた仏像が鎮座するシュエミェッマンパゴダ。
何故眼鏡なんてかけちゃったのか。不思議です。
c0098222_01242907.jpg

しかし境内に飾られた絵を見ると、どうやら遠い王様の時代から始まる
ストーリーがあるようなのです。
このときはまだ眼鏡はありませんでしたが、王様の目を癒す力が
仏像にはあったようです。
c0098222_01251788.jpg

その後一度このパゴダは草木に覆われ、時のかなたへ忘れ去られてしまった
時代があったようです。
c0098222_01264430.jpg

そして時は近代、イギリス植民地時代にある外国人が訪れたことでまた歴史が動き出しました。
なぜ眼鏡をかけるようになったのか?
その謎はぜひ現地を訪れて確認してみてください!
c0098222_01292190.jpg

室内はエアコンが効いてて涼しいです。
なので快適さに負けた青年たちが寝転がってたりします。
いきなり無造作に横たわっていてちょっとびっくり。
c0098222_01315929.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2016-05-29 01:34 | 建物 | Comments(0)

モノクロ写真館7

ヤンゴンの北西約300キロの位置にあるピイという町にて。
昼間の一番暑い時間が過ぎて陽がだいぶ傾いてきた頃、町のすぐ横を流れるエヤワディ川で対岸へ渡る渡し舟を探すため岸辺をウロウロしていたら、小舟に乗って川漁をしていた兄弟が近づいてきて、向こう岸まで乗せて行ってくれました。
このあたりでは珍しいはずの外国人に何を問いかけるでもなく、ただ静かな笑みを浮かべながら黙々と、ゆっくりと櫂を漕ぐ姿が印象的でした。
カメラ:ニコンFE フィルム:コニカ パン400 レンズ:24mm
c0098222_2323772.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-08-15 23:05 | モノクロ写真 | Comments(2)