Myanmar Eye

ミャンマーの笑顔13

ここはシャン州の山間部。深い霧の中、チーク材を運ぶダヌー族の青年たちと出会いました。1日1回、18マイルの道のりを約5時間かけて運んでいます。日当はこの当時男性が800チャット、女性が600チャット。ミャンマー人の一般的な収入から見ると、かなりいい方です。しかしちょっとだけ木材を持ち上げてみましたが、ものすごく重かったです。結構な重労働です。彼等の年齢は16~17歳。ちょうど日本の高校生くらいですね。自分が高校生のときは部活動でほとんど娯楽としての登山をしていましたが、彼等は生活のため、木材をかついで山を歩いていたのです。生まれた環境でこうも暮らしが違うものかと人の世の不平等を思いましたが、当の本人たちは汗をかきながら、当時の自分などよりも何倍もいい笑顔をしているのです。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:28mm
c0098222_22564518.jpg

カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:28mm
c0098222_22572129.jpg

[PR]
by thitsa | 2007-11-27 22:58 | 笑顔 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。