Myanmar Eye

シャン山脈奥地への旅9-アラハンの洞窟-

薄暗い森の中、岩の多い山道を注意しながら進むと、その先に明るい空間が見えてきました。洞窟のパゴダです。ここには、たった一人で洞窟に篭り修行を続け、阿羅漢の境地(煩悩を断じつくした、聖者の最高の位)に達したと言われる僧侶が暮らしていました。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_2117274.jpg

[PR]
by thitsa | 2007-07-17 21:17 | シャン山脈奥地/Shan Yoma | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。