人気ブログランキング |

Myanmar Eye

ミャンマー史上初!世界遺産登録決定

バガン遺跡ではなかったというのが驚きでしたね。

世界遺産登録が決まったのはベイタノー、ハンリン、タイェーキッタヤー(スリ・クシェトラ)
の3ヶ所だそうです。
これらはバガンと同じイラワジ川沿いにあり、ビルマ族が支配していたバガン時代よりも
もっと古いピュー時代のピュー族の遺跡です。
紀元前から11世紀くらいまで繁栄していたようです。
多少知る人がいるのはタイェーキッタヤーくらいではないでしょうか。
こちらは地球の歩き方にも載ってますしね。

前回のブログみたいにマイナーな遺跡にも足を運ぼうとするくらいミャンマーの遺跡好きなもんで、
バガンよりも古いこれらの遺跡には昔から興味があり、いつか行ってみたいと思ってました。
旅行会社ももうすぐオープンするし、近いうちに行ってきちゃおうと思います。
タイェーキッタヤーにはこの前行ってきたのであと2ヵ所!

写真は昨年11月に訪れたタイェーキッタヤーの城壁跡。
c0098222_20244291.jpg


こちらは博物館に展示された仏像。6世紀のものだそうです。
c0098222_2025477.jpg


本物かどうかわからないけど昔どこかで手に入れたピューコイン。
博物館にも同じものがありました。
c0098222_20252714.jpg


この前タイェーキッタヤーから遠くないとある村を訪れた際、畑のあちこちに不自然な小山が点在
していたため聞いてみたら何とそれは手付かずの遺跡であるとのこと。
近くにあった寺院のパゴダもタイェーキッタヤーのものに似た形をしていたので、
聞いてみたらどうやら同じ時代のもののようでした。
この辺りはこれからまだまだ貴重な遺跡が出てきそうですね。
考古学ファンにはたまらない観光スポットになっていくのかもしれません。


クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
by thitsa | 2014-06-24 20:17 | イベントいろいろ