Myanmar Eye

江戸時代のような市場の飯屋

引き続きシャン州です。

この日はピンダヤへ行くのが目的なのですが、今回は知り合いのお坊さんがピンダヤ
方面の別の村へ行くのに便乗したため先に村へ行くことに。

その村に行く途中に立ち寄った村で市場が開かれていたので見に行きました。
c0098222_15284742.jpg
この辺りはどこの村でも結構そうですが、車など文明の利器の存在をちょっと脇に置くと、
日本の江戸時代頃の村はきっとこんな雰囲気じゃなかっただろうか、という光景に遭遇します。
そんなタイムスリップ感を堪能するのもミャンマーの旅の醍醐味です…と私は思ってます。

この飯屋。このテーブル。いいなあ。
c0098222_15311210.jpg
c0098222_15325806.jpg
飲みっぷりがいいなあ。まあ、お茶ですが。
2014年とは思えぬたたずまいに何でもとにかく感動するのでした。
c0098222_15350244.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪ 
[PR]
by thitsa | 2014-04-27 18:05 | 人・暮らし | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。