Myanmar Eye

孤児たちの学校

僻地の旅の続きです。
町から離れて人家がまばらな荒地のような所をバイクで走っていると…
c0098222_22414058.jpg
突然大きなバスが停まっていた。
c0098222_22365740.jpg
そこにあったのは付近の孤児たちを集めた孤児院でした。
お寺が運営する孤児院で、学校も併設して子どもたちに勉強を教えていました。
c0098222_23092593.jpg
バスに乗ってきたのはその学校を支援しているNGOのメンバー達とのこと。
身なりのよい若者たちの集まりで、立派なカメラを持っている若者もいて、
最初は韓国あたりのNGOかと思ったのだけど、ミャンマーのNGOとのことでした。
熱心に子どもたちの様子を写真に収めていました。

もともとお寺を中心に寄付や相互扶助の文化が定着しているミャンマー。
ヤンゴン市内でもあちこちでしょっちゅう寄付を求める声がスピーカーから聞こえてますが、
そんな中で若者がこうしたNGOを立ち上げるのはごく自然な流れのような気がします。
今後こういったグループは増えていくのではないでしょうか。
c0098222_23274422.jpg

そういえば、今回の旅の目的をまだ書いていませんでしたね…。
実は旅を共にした日本人もいるのですがまだ紹介できていない…。

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-04-05 12:47 | 建物 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。