Myanmar Eye

10人分の運

どんな苦労話を聞かせてもらえるのかと思ったら、意外な回答。

今までもちろん苦労することはあったけど、たいしたことはない。特別子供たちを食べさせるのに困ったり、大きな問題が起きたことはなかった。ただそれは、自分たちの努力の結果というよりも、単に運が良かったからなのだという。

生まれた子供の数が多ければ、それだけ苦労や問題が増えるのではないかと考えてしまったのだけれど、そうではなかった。
おばさん曰く、「10人の子供を授かったということは、10人分の幸運を授かったということ。たくさんの幸運が家に集まったから、私たちはその運のおかげでうまくやってこれたのです。」

おばさんのその前向きさもきっと、うまくやってこれた理由のひとつなのかな、と思った。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_9545127.jpg

娘と孫。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_955037.jpg

おばさんの家。築33年。以前はここよりも村の中心から離れた、山に近いところに住んでいた。
3人目の子供が生まれたときに引っ越してきた。ここは村の共同井戸が近いので便利。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_955595.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-02-28 08:09 | 人・暮らし | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。