Myanmar Eye

タグ:農村 ( 10 ) タグの人気記事

ヤンゴン郊外の農村へ行った

今回は2ヶ月も更新期間を空けてしまいました。
ミャンマーにお越しになる日本人旅行者、増えてますね。
その辺の忙しさやシャン州のカフェ関連、他には新しい
取引先の視察関連やらで妙に忙しくなってます。

そんな中でまたトラベルコちゃんに記事を掲載させていただきました。
本当はとっくに掲載されてるはずだったんですが今頃になってしまい
担当のS様にはとても迷惑をかけてしまいました。
でも根気よく待っていただき本当にありがとうございました。


で、写真は先日調査で訪れたヤンゴン郊外の農村の様子を
載せていきたいと思います。

こういうところを訪れると、ああまだミャンマーは変わってないな、
と感じてホッとするのでした。
c0098222_00450560.jpg
c0098222_00523805.jpg
c0098222_00550426.jpg


c0098222_00554705.jpg
近頃結構あちこちでかけてはいるんですがブログよりカフェの
Instagram更新にはまってしまってそっちばかりになってます。

そういえばトリップアドバイザーに登録したらぼちぼちレビューを
入れてくれる外国人のお客さんがいてしかも高評価なので喜んでます。
今のところ全部エクセレント!
ということで最後にカフェの写真を投入して終わります。
c0098222_01063934.jpg



クリックいただけると嬉しいです♪にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2016-10-22 01:07 | 人・暮らし | Comments(0)

シャン州農村スタディツアーをやりますよ

南シャン州で細々と支援活動を行っているNGO南シャン州交流会(SIA)ですが、
昨年のミャンマー祭り出店から私も含め日本側のメンバーのハートに
火がついてしまったようで、動きがだいぶ活発になっています。
イベントって参加してみるものですね。

で、いよいよ今年からSIAのホームグラウンドとも言えるシャン州カロー地域を
中心にまわるスタディツアーを始めることになりました!
c0098222_01442486.jpg
既に一昨年から大学生を対象に毎年現地に来ていただいてましたが、今回のは
一般の方の参加も大歓迎の定期ツアーになります。

記念すべき初回のツアー開始日は2015年6月6日からになります。6日間の日程です。
6月はミャンマーでは学校が始まる月なので、新しい1年の始まりに文房具の寄付を行います。
ちょうどそのタイミングでお越しいただいて一緒に贈呈式を行い、同時に子供たちと
楽しく交流していただきます。

他にもイベントは色々!詳しくはこちらのページにパンフレットを置いてありますので
是非チェックしてみてください⇒南シャン州交流会サイト

パンフレットは高田馬場のミャンマー料理店などにも置いていただけるよう、
日本のメンバーさんが動いていただいてます。
置いていただいたお店についてはあとでご紹介させていただきたいと思います。

お申し込みお待ちしております!
c0098222_01560491.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2015-03-28 01:53 | 南シャン州交流会 | Comments(0)

高原の村へ

午後からはカローから車で2時間ほどのところにある村へ。
村へ入る道はあまり整備されていないとのことで知り合いのお寺の4WDで出発!
今回はお坊さんとの旅でした。

シャン高原はとにかく見晴らしが良くて気持ちがいい。
遠くを眺めているうちに普段のPCによる目の疲れも癒されてきた気がする。
c0098222_13251711.jpg


村に入るとちょっと驚きの光景が。
道行く子ども達が突然サンダルを脱いで手を合わせ、車に乗っているお坊さんに挨拶をしている!
電気も来ていない超素朴な村ですが、仏教の教えとお坊さんを敬う気持ちがしっかりと
教えられているんですね。
c0098222_13254639.jpg

c0098222_13261397.jpg


車は山の上にある村の寺院へ。
村の周りはとても眺めはいいのですが、それは残念ながら長年の伐採により樹木が減った結果。
土地の保水力も減り、村は慢性的な水不足に。
しかし寺院のある山だけは歴代のお坊さんが森を守ってきたのだそうです。
こんなふうに寺院の山だけたくさんの木々!となりのトトロの楠の木の森を思い出しました。
c0098222_13264459.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2014-06-22 13:16 | 風景 | Comments(0)

畑へ

シャン州カローに到着後、まずはいつもの山の畑へ。
商社さんに依頼されている作物の試験栽培の状況を見に。
雨期でジメジメと暑いヤンゴンからこちらに来るといつもホント爽やかで快適!
やっぱ老後はここか...?と本気で考えてます。
c0098222_137565.jpg


豆です。
c0098222_1374381.jpg


生姜です。
単なる林の中の原っぱみたいですね。
これから大きくなってくるので、そうしたら草取りをして畑とわかるように整備します。
c0098222_138284.jpg


この日は午前中で山を下りて、その後は車でシャン高原のとある村へ向かいました。
シャン高原って何だか北海道に似ているような気がする。
c0098222_1384498.jpg


クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2014-06-21 01:32 | Comments(0)

得度式で賑わう村

引き続きシャン州編。ピンダヤにやや近いある村を訪問しました。
2007年に訪れたときは実に静かな村だったのですが、今回は水掛祭りでしかも
得度式ということで、村へ入る細い道路はお祭り状態。
c0098222_12285982.jpg
得度式の様子。寺院へ馬に乗って出家する子どもがやってきます。
王様みたいな服装は、釈尊が出家前は王子だったから。
なかなか凛々しい表情。王子になりきってますね。
c0098222_12294203.jpg
こちらの子はちょっと不安そう。こんな大きな馬にいきなり乗ったら不安にもなるでしょうね。
水掛祭りの時期にはあちこちでこの得度式のセレモニーが行われるために馬不足となり、
借りてくるのが結構大変とのこと。また、この時期はレンタル料金も高いんだそうです。
c0098222_12302978.jpg
王子の前後にはこんなにずらーりと女の子たちが並んで歩いてました。
田舎なりにみんな目いっぱいオシャレをしているのが微笑ましい!
c0098222_12333274.jpg
ずらーり!
c0098222_12340434.jpg
続く。


クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-05-06 12:35 | 人・暮らし | Comments(0)

茶葉を摘む光景

洞窟寺院で有名なピンダヤ方面へ行きました。

途中見かけたのはお茶の葉を摘む女性達の姿。
カメラを持って近づいて行ったらみんな向こうを向いてしまいました。
怪しい者ではありません、ただガイジンなんです…。
c0098222_14193068.jpg
茶葉を摘む様子を見せてもらいました。
ここの茶の木は高さをある程度揃えてありました。
シャン州でよく見かけるのは剪定していないそのままの茶の木。
それは日本の茶畑を見慣れている目には奇異に映る光景。

剪定することで余分な栄養が拡散せずに集中的に新芽と新葉にに供給されるので
成長がよく、幹や枝も健康でいられると本で読んだことがあります。
c0098222_14234575.jpg
ここは一応ちゃんと剪定しているんだな~とちょっと感心しながら摘んでいる葉をみると、
なんだかずいぶん大きな堅そうな葉っぱが目立つ。
これらは食べるお茶になるのか、それとも飲むお茶になるのか。
飲むお茶であればもっと若い葉の方がよさそうな気がします。やはり食べるやつかな…。
c0098222_14244847.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-04-26 14:25 | 農業! | Comments(0)

散歩でわかる村人の仏教への並々ならぬ思い

引き続きメイッティーラ近郊の村を歩きます。

ミャンマーの農村では本当に本当に仏教への思い、僧侶への尊敬の念が
強いことを実感させられる光景によく出会います。
この村でもそうでした。

地べたに座り込んで深々と祈りを捧げる老婆。
c0098222_15135267.jpg
こちらも。僧侶はまだ30代ですからね。
日本人の感覚だけで見ると違和感を感じてしまいます。
c0098222_15142203.jpg
こんない幼い子どもまで!ちょっと仕草がカワイイですね…。
いかに彼らの人生に仏教が深く関わっているかが見て取れますね。
c0098222_15150788.jpg
こちらも。
自分は無宗教!とひとことで片付けられる人が多い日本人の目からは
少し見えにくい部分かもしれませんね。
この国でビジネスなりを行おうとするなら、こういったことをしっかり
理解しようとすることも重要ではないでしょうか。
なんてことをふと考えちゃいました。

私がやっている南シャン州交流会では、地域のお坊さんと協力して何かを行う、
ということがあります。
お坊さんを通すと話が早いというか、皆さんよく協力してくださるんですよね…。
c0098222_15153417.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-03-07 15:23 | 習慣・言い伝え | Comments(0)

畑のランチ

ダヌ族のおばちゃんが持ってきてくれていたおかずで昼食。

米は飯盒で薪を使って炊いたもの。
この日は鍬持って畑の整地を手伝ったりしたこともあってかご飯が
やけにおいしかったですね。
c0098222_10310542.jpg
素人日本人が現地の農家に助けられながら始めたこの小さな農業ビジネス。
今後の行く末はまだ見えませんが、うまい飯を食べながらこんなのどかな
風景を眺めていると、何とかここで仕事を成り立たせて頻繁に訪れることが
できるようにしたいなと思うのでした。
c0098222_10320038.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-02-12 10:34 | 農業! | Comments(0)

村の知人宅へ

朝、へーホー空港を降り立ち、自分たちの農地を見に行く前にまず以前お世話になったことのある
村の知人の家を訪ねました。

この辺りは広大かつダイナミックな風景が続いていてお気に入りの場所。
c0098222_11532792.jpg
岩山のふもとを歩く牧童たち。望遠レンズを持ってくればよかったな…。
c0098222_11543806.jpg
ちっちゃな家に居間と寝室を詰め込んだ質素なお宅。皆さん元気そうで何よりです。
この村はもともと観光地と言うわけでもではなかったのですが、最近はお年寄りの欧米人のツアー客が
よく訪れるようになったそうです。2日に1回の割合とのことなので、結構な数ですね。

僧院や小学校を訪問したり、ちょっとした瞑想体験ができるところもあります。
村の周りの風景も素敵だし、ここはバガンやインレー湖の様に派手ではないですがミャンマーの良さを
実感できるいいところだと思っていたので「やっぱり!」という気持ちはあります。
村にある洞窟のパゴダもなかなか見ごたえがあるし。

ここは戦前日本軍が2年ほど駐屯していたことがあり、
歴史に埋もれた日緬交流の一端を垣間見ることもできます。たとえばこのような
日本のお客さん向けにツアー作ろうかな…。
c0098222_11552991.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-02-06 12:04 | 人・暮らし | Comments(0)

やっぱり田舎が美しい

ヤンゴン北西、ピィ近郊。夕暮れ時に水田の畦道を行く。

ブログを書ける時間帯は最近ネットがあまりに遅過ぎたり、休日は田舎を訪れていたりと
なかなか更新できてない。
今回の旅も書きたいこと結構あるのだけどな…。日本軍の遺骨や遺品に関する話です。
c0098222_10172545.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-11-13 10:18 | 風景 | Comments(0)