Myanmar Eye

タグ:ヤンゴン ( 92 ) タグの人気記事

夜の商店街を行く

今夜も近所の商店街は活気づいていた。買い物がてらいつものように散歩を楽しむ。
わ、おばちゃんの視線が熱い…。いきなり撮っちゃったからな。
c0098222_20315063.jpg

バラエティー豊かな揚げ物を売る露店を発見。ついつい買い過ぎた。
店の子は「シェシェ」と中国語でお礼を言ってくれる。この界隈で買い物をしていると
よくそう言われる。その度に自分は日本人であると説明する。
すると何だか嬉しそうな顔を見せてくれるので、こちらも嬉しくなってくる。
時々は「アリガトウ」と言い直してくれる。
ああ、親日国っていいなとしみじみ感じる。
c0098222_20323791.jpg

裏道の路上市場で野菜を買って家路につく。
c0098222_2033734.jpg

揚げ物は7種類も買ってしまった。
豆腐、豆、野菜、とうもろこし、芋サモサ、ブーディー、バナナ。
全部で1500チャット(約150円)。
c0098222_20343832.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-06-16 20:36 | | Comments(0)

麺を食べながら読書をする風景

うちは下町の住宅密集地の一角にあるのだけど、たまたま玄関のベランダ前には高い建物が無いおかげで
そこそこ見晴らしがよいです。
なので夕暮れ時の涼しい時間にはベランダから時々外を眺めたりしています。
c0098222_1243595.jpg

隣は麺を売る店。左下の明るくなっている所です。仕事帰りの人たちで結構賑わっている店です。
この店は出前を頼むことができるので、時々利用しています。
c0098222_1295046.jpg

テーブルに一人で座るお兄さん。よく見ると麺を食べながら本を読んでいるようです。
こういうことはミャンマー人もやるんですね。何だか日本のサラリーマン時代を思い出しました。
仕事帰り、駅前のそば屋で文庫本とか読みながらよく麺をすすってたなあ。
c0098222_1354287.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-06-07 01:37 | 風景 | Comments(2)

ヤンゴン下町生活者の水事情

ヤンゴン下町生活者の暮らす建物は地元の人と同じタイプの一般的な造りのマンション。
7階建てで1フロアには奥行が長い縦長の部屋が2つ、2世帯が暮らすようになっています。
そして部屋と部屋の間には階段があり、上へと続いています。

このようなマンションではたいがい水を得るのに多少の面倒があります。

うちは地下水をモーターで組み上げて、まずは1階の貯水槽に蓄えられます。
このモーターは1階に暮らす管理人が日に2回、決まった時間だけスイッチを入れています。
こんなふうに水がいっぱいになっているのを見かけたら、急いで部屋へ!
c0098222_0293411.jpg

各住人が貯水槽に溜まった水を自分たちの部屋へ送り込むために、このような各自が用意した
モーターにスイッチを入れるのです。各部屋には貯水槽を設けていて、そこに水を貯めておく。
c0098222_032127.jpg

とにかく水の取り合いになります。1階の貯水槽を満たすモーターは1日中稼働しているわけではないので、
我先にと水を組み上げると貯水槽が空になってしまう。そのまま1階のモーターがストップしてしまったら、
次にモーターが回る時まで待たなければならない。

タイミングが悪かったり、停電が頻発するとなかなか水を得ることができなくて苦労することがあります。
6年前、1日16時間も停電していたときには大変だった。
都市に普通に住んでいながらまるで災害にでも遭ったかのような水不足に悩まされたものだった。
洗濯で使った水を溜めておいてトイレで使ったり、シャワーは使わずにタオルで体を拭くに留めたり…。

普通に水道設備がしっかりしている日本では考えられないような問題がここでは結構あります。
そういったこの国ならではの苦労や不満をしっかり把握することがビジネスチャンスを得るひとつの
手段になるんではないかな~と思ったりしました。

電気の配線なんかでもこれまた一苦労あったりするのだけど、それはまた別の機会に。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-24 00:38 | 建物 | Comments(0)

雨が降ってきた

今日は結構まとまった雨が降った。
最近増えてきた雨の回数。いよいよ雨期が始まるのか。。。
c0098222_20194092.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-21 20:20 | 風景 | Comments(0)

ヤンゴン下町の足、サイカー

街角の木の下などに集まってじっとお客さんから声がかかるのを待つのは
ヤンゴン下町の必須交通手段とも言える「サイカー」。

「サイドカー」の語源の通り自転車にサイドカーを取り付けた軽快な乗り物。
自転車の速度で下町の風情を眺めながら進むのは楽しいひとときである。
最近は車の量が増えたので道路を走るサイカーがとても危なっかしく見えて
しまうのがちょっと残念。
c0098222_1214743.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-20 01:26 | 乗り物 | Comments(0)

自宅裏で建築中の建物の壁が気になりだした

自宅の裏ではヤンゴン下町生活者が暮らす住宅と同じような造りの集合住宅を建設中。
ここはミャンマー。ペースはゆっくりではあるけど着実に高さは増してきている。
c0098222_1554557.jpg

壁はレンガを積んで造られているのだけど、その造りの貧弱さに絶句。
これ…蹴ったら崩れちゃうんじゃないか…?

うちも同じような造り方をしていると思うとちょっと怖いです。
これからはあまり壁に寄りかかったりしないようにしよう…。
非常階段も使うのになかなか勇気が要りそうな角度になってますね。
ま、火事なんかのときはビビっている場合じゃないか。
あせって踏み外さないように気をつけてほしいものです。人ごとじゃないけれど。
c0098222_1643863.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-11 16:08 | 建物 | Comments(0)

夕暮れ時の下町にて

夕暮れ、家への帰り道。我がヤンゴンの下町通りに入ると、恐ろしく大音響で歌声が聞こえてきた。
何やら仏教関係の文化活動らしい。
チャリティーイベントとして歌を披露し、寄付を募っていた。

家に着いても大音響が凄すぎて耳が痛いほど。しかもいただけないことに歌が下手。
何で苦情にならないのか不思議なほど常軌を逸した音量に思うのは自分だけなのか…。
c0098222_2222921.jpg

[PR]
by thitsa | 2013-05-07 22:05 | 人・暮らし | Comments(0)

銀行で札束を床に叩きつけてたり、NESCAFEを飲んだり

入金・送金手続きのためにカンボーザ銀行にやってきた。

月末月初の銀行はとてつもなく込むらしい。

カウンターのまわりは人で埋め尽くされ、名前を呼ばれるまでいったいどこで待てば
いいのか困るような状態。大金を袋に入れて持った人たちばかりで、妙な緊張感が漂っている。
みんな札束をビニール袋とかに入れているので大金を持っているのが見え見えで、
他人の金なのに見ていて何だか不安になってくる。

そんな状況の中、銀行スタッフは札束のかたまりをドッカドッカと、袋からまるでゴミか
何かの様に床に落として積み上げている。
そっと人ごみの中から手を出せば、ひとつくらい札束をいただけてしまうんじゃないかとふと思う。

時にはいちいち札束を床に叩きつけたりしていて、いったいどうしてそんなに札束が憎いのかと
思えるほど、怒りにも似た形相で次々と叩きつけているのにはさすがに目をみはったのだけど、
どうやらそうやって札束に着いた埃を落としているようだった。

とにかく人がたくさん集まっているのを遠くから見つけたのだろう、突然NESCAFEガールが登場。
銀行の入口で次々とお試し品を渡してくる。
芋洗い状態でピリピリした空気の中、甘いNESCAFEは実にいいタイミングだったと思う。
何だかとてもホッとして、すごく印象に残ってしまった。こうして思わずブログで紹介したくなったほど。
c0098222_21492318.jpg

手続きももう終わるかと思われたとき、突然背後から日本語で声をかけられた。
なんとあの有名なブログ主の方!結構ご近所に住んでおられるとのことで更にびっくり。
後日連絡をいただき、今度遊びにいくことになりました。
[PR]
by thitsa | 2013-05-04 22:09 | Comments(2)

夜の市場を行く

普段は朝訪れている、近所にあるいつもの路上市場に夜行ってみた。

小学校の裏手にあたるこの道はもともと明かりが少ないので
夜道は結構暗いのだけど、そんな暗がりの中逞しく商売する人々の姿が。
中央右で青く光るのは宝くじを売る車。
c0098222_2245477.jpg

野菜売りの女性は電池式のライトを商品にかざしながら商売を続けている。
c0098222_22451126.jpg

こちらは路上市場の入口。街灯があるおかげで明るい。
と言っても日本の感覚ではありえない暗さ。
c0098222_22451763.jpg

ここが市場だなんて、初めて来た人は気づかないかもしれないな。
この市場、もともと店を出すことは認められていないため、
警察が来るたびに荷物まとめてみんな急いで逃げだしてたらしいけど、
最近はあまり手入れは無いそうで、市場の常連になりつつある
自分としては嬉しい限りなのであった。
c0098222_22452021.jpg

[PR]
by thitsa | 2013-04-29 22:17 | 人・暮らし | Comments(0)

車関係、色々見てきた2

板金・塗装をやっているところも見てきました。
電柱に正面衝突したような、乗っていた人の生死が大変気になるくらい破損した車もちらほら
見えたけど、この会社、ミャンマーではかなり評判で、相当破損していても新品の様に綺麗に
仕上げてくれるのだという。

とはいえ日本のプロであるお客さんから見ると、この環境で綺麗に仕上がることがすごいと話す。

塗装は埃っぽい土の上でやっているから埃が塗装面に付着してひどいことになるはずだけどな…。
また、溶接なんてゴーグル着けずにやっているから目を痛めてしまうことも心配だけど、
キチンと溶接部分を見ることができないから、溶接が甘くなってしまう。耐久性は大丈夫か?などなど。
c0098222_1342563.jpg

ミャンマーで一番大きいパーツ関連の市場へも行ってきました。

そんな中、お客さんの目を引いていたのはこれ。
ミャンマーでは「トエラジ」お呼ばれている、トラクターのエンジンを使い、様々な部品をかき集めて
作られた車。田舎の方では走っているのをよく見かける、低予算、低スピードの車。
写真のものはおよそ30万円。
c0098222_1354447.jpg

「これだったらオレ、もっといいやつ作れちゃうぞ!」
Made by japaneseで勝負か?お客さん、もしかしてものすごいビジネスアイデアが閃いたということか?
視察同行ではあれこれ現地を見ていく中で、様々なアイデアやチャンスが生まれたりするので、
いつもとても楽しい経験になります。
c0098222_1374157.jpg

結婚式用に花とかペタペタくっつけられた車がホテル脇に停まっていた。
お客さん、熱心に写真を撮る。きっとまた何か思うことがあるんでしょうね。
c0098222_1383880.jpg

日本食レストランの老舗、ふるさとで夕食。黒のマンダレービールで乾杯。
今はミャンマーは1年の中でも一番暑い季節。日中大変だったけど、その分ビールが最高にうまいのですよ。
本来の目的である、とある企業との商談もかなりいい方向に進みましたよ。
お疲れ様でした!
c0098222_1391612.jpg

[PR]
by thitsa | 2013-04-25 20:33 | しごと | Comments(0)