Myanmar Eye

タグ:ビルマ ( 12 ) タグの人気記事

謹賀新年!

新年明けましておめでとうございます。

昨年は多くの方々からアクセスいただき、とても楽しく更新を続けていくことができました。ありがとうございます。

このブログに関わることで昨年一番大きかったことは、何と言ってもミャンマーの月刊情報誌「SHWE BAMAR」にて写真のコラムを連載させていただける様になったこと。

わずかながら、ブログから飛び出してメディアを通じて、今まで以上により多くの方々にミャンマーの魅力をお伝えできたのではと思います。
このような機会をくださった編集長、ありがとうございました。本年も引き続き宜しくお願いします!

今年も「SHWE BAMAR」やこのブログ、雑貨屋など、様々な面からミャンマーの魅力を発信し続けていければと思います。
どうぞ、今後とも宜しくお願いします。

昨年に続き、やはり年の始めでありますので、少しでも明るい気持ちで皆様が1年をスタートしていただけるよう、今年もミャンマーの笑顔をただひたすら集めてみました。

今年も皆様が笑顔で1年を過ごせますように!


南シャン州、カローにて。
カメラ:ニコン FE フィルム:AGFA HDC100 レンズ:50mm
c0098222_1302736.jpg

南シャン州、列車内。
国境沿いの戦闘で負傷した兵士たちが酒を飲んで陽気に笑う。
内地に帰れるのが嬉しいのだ。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:50mm
c0098222_1331271.jpg

バガンにて。
カメラ:ニコン D70 フィルム:デジタル レンズ:50mm
c0098222_1353816.jpg

タウンジーにて。
カメラを向けて激しく照れるおばさん。
カメラ:ペンタックス MZ-3 フィルム:AGFA HDC100 レンズ:28~80mm
c0098222_137226.jpg

南シャン州の村にて。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_139559.jpg

ミャンマー中部の村。
夕暮れ時、放しておいた水牛たちを小屋に戻す。
過酷な辺境の農家の暮らしを支える重要なパートナーという意識の強さからか、それとも子供の頃から一緒に育ってきた親近感からか。彼らが牛達に向けるまなざしはやさしい。
カメラ:ニコン FE フィルム:フジ プロビア100 レンズ:85mm
c0098222_13112729.jpg

マンダレーにて。
「写真撮るよ」と一声かけると、とびきりおめかしして部屋から出てきた。
カメラ:ニコン FE フィルム:フジ プロビア100 レンズ:50mm
c0098222_1317733.jpg

ミャンマー西部、ガパリビーチのお土産やさん。
カメラ:ニコン D70 フィルム:デジタル レンズ:50mm
c0098222_1319614.jpg

ベレー帽にピアス。
何だかオシャレなエン族のおじさん。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:50-200mm
c0098222_13204745.jpg

シャン州、カローにて。
パオ族の新婚カップル。
カメラ:ニコン NewFM2 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:50mm
c0098222_1322952.jpg

シャン州、タガウン遺跡にて。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:50mm
c0098222_13245249.jpg

シャン州。
縁側でくつろぐ老人2人。
やさしいまなざしの中にも威厳が見える。2人は農夫。厳しい山地の田畑を何十年も耕してきた。
c0098222_13315276.jpg

南シャン州の山奥の村。
ネパール人の血を引く娘。こんな僻地の村にも、人の歴史の流れの不思議さが垣間見える。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:50mm
c0098222_1336533.jpg

[PR]
by thitsa | 2010-01-01 13:42 | 笑顔 | Comments(7)

日本軍がいた村7

彼女が夫から聞いた話では、この付近のどこかに金の入った箱が埋められているというのだ。初めて日本兵が訪れたときに持ち込まれたところを夫は見たのだという。

彼らがここへやって来たとき、兵の何人かがその箱を山へ隠しに行ったらしい。3丁のライフルと一緒にどこかに埋めたらしいことを夫は確認したという。
次第に戦局が悪化して、とうとう兵隊たちがこの村を去らなければならなくなったとき、彼らはその箱は持って行かなかった。

戦後、村人は何度か山へ探しに行ったのだという。しかし一度だけ森の中でライフルを一丁見つけたことはあったが、それきり何の手がかりも無く今に至っているという。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:28mm
c0098222_21491237.jpg

[PR]
by thitsa | 2009-10-24 21:51 | 日本軍とミャンマー | Comments(0)

日本軍がいた村6

集落のずっと奥、明るい林に囲まれた一軒の民家を訪ねた。
そこには一人の老婆が住んでいた。山岳民族パオ族の女性で、ここが日本兵がいた村だと聞いてやってきたと告げると、当時の話をしてくれた。

老婆の夫はもうだいぶ前に亡くなったのだが、日本語を話すことができたので、戦時中は日本軍の通訳の仕事をしていたという。彼女自身の戦時中の思い出はほとんど無いが、戦後、夫からその頃の村の様子などをよく聞いていたという。

彼女の家の場所がちょうど、日本兵たちが食事を作る炊飯所だった所で、家の前の大きな木は日本兵が辺りを偵察するためによくよじ登っていた木なのだという。

話を聞いていると、集落が昔と変わらないたたずまいを見せているだけに、戦時中の光景が生々しく脳裏に浮かんでくる。六〇年以上も前、確かにここは戦場で、日本人がいたのだ。

色々な話の中で老婆が話していたある一つのことが気になった。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:28mm
c0098222_17341140.jpg

[PR]
by thitsa | 2009-10-17 17:34 | 日本軍とミャンマー | Comments(0)

日本軍がいた村5

別の民家では、弾丸が残されていた。
こちらは英軍のものらしい。「1941年」の刻印がある。
カメラ:サンヨー Xacti DSC-J1 フィルム:デジタル レンズ:37-104mm
c0098222_21434435.jpg

[PR]
by thitsa | 2009-10-04 21:43 | 日本軍とミャンマー | Comments(0)

日本軍がいた村4

民家の裏側の、林の中の北側の斜面を案内された。
斜面の上から下へと三つ並べて掘られた横長な穴がある。塹壕の跡だ。
つい数年前まで使われていたのではないかと思わせるような生々しさ。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:35mm
c0098222_2025438.jpg

塹壕の深さはそれぞれ五〇センチほどで、谷間を通るメインロードの一部と、その向こう側の山並みが見渡せるようになっている。
以前はこのまわりに機関銃の空の薬きょうが無数に散らばっていたという。
今でも下草の少ない季節に探すと、いくつかを見つけることができるという。
ここで戦闘が行われていたのだ。
主に下の道路を通る敵を待ち伏せていたのだろうと思われる。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:85mm
c0098222_2033014.jpg

[PR]
by thitsa | 2009-09-26 20:04 | 日本軍とミャンマー | Comments(0)

日本軍がいた村3

日本軍が置いて行ったドラム缶?を利用して作った家の扉。
銃弾が貫通した痕らしきものが残っている。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:50mm
c0098222_20143955.jpg

カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:50mm
c0098222_20151133.jpg

[PR]
by thitsa | 2009-09-21 20:16 | 日本軍とミャンマー | Comments(0)

日本軍がいた村2

民家の軒先に転がっていた、日本軍のものと思われるヘルメット。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:50mm
c0098222_21155733.jpg

[PR]
by thitsa | 2009-09-20 21:18 | 日本軍とミャンマー | Comments(0)

マンダレー・インワ(アワ)遺跡へ5

いつ頃から使われなくなったのだろう。修復されることなく朽ちていくままのパゴダ。
1841年に時の王アラウンパヤーが都をアマラプラへと移したことにより、インワの都は急速に衰えていった。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_20474012.jpg

カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_20482872.jpg

屋根が崩れ落ちているのは、1838年に発生した大地震が原因だろうか。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_20485635.jpg

カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_20501231.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-06-08 20:51 | マンダレー・インワ遺跡/Inwa | Comments(0)

ミャンマーの笑顔14

旅の途中、村の揚げ物屋に座って食事をしていると、なんと店の女の子の友だちが突然花を摘んで持ってきてくれました。こんなやさしい心遣いがこの国の旅の虜になってしまう大きな原因かもしれません。
カメラ:ニコン F-601M フィルム:フジ プロビア100 レンズ:28mm
c0098222_12442470.jpg

[PR]
by thitsa | 2007-12-01 12:45 | 笑顔 | Comments(2)

ミャンマーの笑顔13

ここはシャン州の山間部。深い霧の中、チーク材を運ぶダヌー族の青年たちと出会いました。1日1回、18マイルの道のりを約5時間かけて運んでいます。日当はこの当時男性が800チャット、女性が600チャット。ミャンマー人の一般的な収入から見ると、かなりいい方です。しかしちょっとだけ木材を持ち上げてみましたが、ものすごく重かったです。結構な重労働です。彼等の年齢は16~17歳。ちょうど日本の高校生くらいですね。自分が高校生のときは部活動でほとんど娯楽としての登山をしていましたが、彼等は生活のため、木材をかついで山を歩いていたのです。生まれた環境でこうも暮らしが違うものかと人の世の不平等を思いましたが、当の本人たちは汗をかきながら、当時の自分などよりも何倍もいい笑顔をしているのです。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:28mm
c0098222_22564518.jpg

カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:28mm
c0098222_22572129.jpg

[PR]
by thitsa | 2007-11-27 22:58 | 笑顔 | Comments(0)