Myanmar Eye

タグ:パゴダ ( 8 ) タグの人気記事

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

久しぶりにミャンマーで迎えた新年。昨夜は新年と同時にあちこちで花火が上がり
「ハッピーニューイヤー!」の叫び声がひっきりなしに聞こえてきて、何年か前にこちらで
新年を迎えた夜にはとても静かだった記憶があるのでびっくりしました。

元旦の今日は初詣の気分で近所にあるローカルなパゴダへ行ってきました。
c0098222_19224713.jpg

観光客がたくさん訪れるシュエダゴンパゴダと違い、ひとの数はあまり多くなく、
静かで落ち着いたたたずまいを見せています。

ミャンマーでは若者もパゴダをよく訪れています。タブレット端末を持った若者も祈る。
c0098222_19251885.jpg

こちらの若い男女も真剣に祈って…おっと、足がしびれちゃった?
c0098222_19305031.jpg

お年寄りも真摯に祈る。
c0098222_1933346.jpg

親子は静かにくつろぎのひとときを過ごす。
c0098222_1938244.jpg

訪れる度にいつも強烈な存在感を漂わせる本尊。
その存在感とは裏腹に回りは静かで清潔で穏やかな空間があり、ここを訪れると気持ちも
静かで穏やかになってくるので身近なプチ聖地として時々訪れるお気に入りの場所です。
c0098222_19392949.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2014-01-01 19:51 | イベントいろいろ | Comments(0)

祈る兄弟

占い師に言われた時間ピッタリに無事お祈り終了!
ホントに願いが叶うのか?
普段は滅多に願い事なんてしないのだけど、この時は新しく始めるミャンマーでの仕事がうまくいきますように!と祈ってみた。
あれから1ヶ月くらい経ったけど実際どうだろうか。
・・・これがなかなか、結構いい方向に向かっています♪
占い先生のおかげなのか?まだ結論は早いな。

寺院をウロウロしていると、人影まばらな寺の隅にある精霊ナッの祠に向かってぽつんと2人、熱心に祈る子供たちがいた。
どうやら近所に暮らしている兄弟らしい。
あんなにもまだ幼い2人が一生懸命に祈ることって一体何だろう。
明日のテストでいい点取れますように!なんてレベルではなさそうだ。離れて見ていても必死な思いが伝わってくる。
願わくば彼らの願いが精霊ナッに届きますように。
カメラ:iPhone フィルム:デジタル
c0098222_19504723.jpg

[PR]
by thitsa | 2012-10-13 20:05 | 人・暮らし | Comments(0)

仏像に花

放置され、朽ちてゆくままのパゴダなのかと思っていたら、仏塔内部に安置された仏像には花が供えられていた。
カメラ:リコー GR DIGITAL III フィルム:デジタル レンズ:28mm F1.9
c0098222_19371124.jpg

[PR]
by thitsa | 2012-03-25 19:39 | パゴダ修繕 | Comments(0)

山頂へ

昨年の続き。修復を支援したパゴダの視察旅。

1時間ほど山道を歩くと山頂に到着。綺麗に修復された仏塔を間近に見ることができました。
カメラ:リコー GR DIGITAL III フィルム:デジタル レンズ:28mm F1.9
c0098222_21215259.jpg

以前はこんな状態でした。撮影:Paul Clark氏
カメラ:ニコン D80 フィルム:デジタル レンズ:24mm
c0098222_2125155.jpg

別の方向から見ると、大きく崩れているのがわかります。
以前、盗掘に遭い、中に納められた恐らく骨董的価値の高い仏像などは奪われてしまったとのこと。
カメラ:FinePix F60fd  フィルム:デジタル レンズ:35~105mm
c0098222_21384116.jpg

[PR]
by thitsa | 2012-01-15 21:43 | パゴダ修繕 | Comments(0)

修繕パゴダ視察旅

南シャン州、カロー近郊のとある山村に、朽ち果てた古い仏塔が放置されていたのですが、このたび縁あって、このパゴダの修繕に関わらせていただきました。
今年の始めに修繕は完了していたのですが、10月、やっと現地を見に行くことができました。

朝、中国製カブの後ろに乗っかって村を目指す。途中、畑へ農作業に出かける娘さんたちとすれ違う。
カメラ:リコー GR DIGITAL III フィルム:デジタル レンズ:28mm F1.9
c0098222_23535088.jpg

顔いっぱいに「タナカ」を塗っている。日焼け対策万全!
雨季なのでそんなに焼けないか…と油断するとすぐ焼ける。ここは高原地帯で結構UVきつい。
カメラ:リコー GR DIGITAL III フィルム:デジタル レンズ:28mm F1.9
c0098222_2356423.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-12-01 00:03 | パゴダ修繕 | Comments(0)

山のたたり4

声を出そうとしても、これまたどういうわけか口から声が出てこない。
しばらくそんな状態が続き、青年はどうしたら良いのかわからずかなり動揺したらしいのだけど、いつの間にか元に戻ることができていたらしく、そのうち村人が彼を見つけてくれた。

彼は山の神様の怒りに触れて幽体離脱させられてしまったのだろうか?
いなくなった牛の方はどうなったかと言うと…聞き忘れました。

ミマティ村の洞窟パゴダ
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_925522.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-02-24 08:18 | 習慣・言い伝え | Comments(0)

ネガカラー写真集13

ミャンマー最大の聖地であるシュエダゴンパゴダのすぐ隣にある、マハーウィザラパゴダの内部通路。
天井には仏陀の物語が描かれているが、どこか中世の教会を思わせる、荘厳なたたずまいを感じる。
カメラ:ペンタックス MZ-3 フィルム:コニカ CENTURIA レンズ:35mm
c0098222_2255547.jpg

[PR]
by thitsa | 2009-06-15 22:56 | 建物 | Comments(2)

モノクロ写真館17

年配の方に限らず、パゴダでは若い人も熱心に祈りを捧げる姿をよく見かける。
一度ヤンゴンのとあるパゴダで出会った少女に、どんなことを祈っていたのか訊ねてみたことがある。家族や先生、友人の幸せの他に、世界の平和を祈っていたという。
貧しい身なりの彼女がそんな大きなことに対してまで祈りを捧げていたことに驚き、なんだか自分が恥ずかしい気持ちになったのを覚えている。
写真の彼女は随分長い間そこにいたが、一体どんな祈りを捧げていたのだろう。
カメラ:ニコンFE フィルム:コニカ パン400 レンズ:85mm
c0098222_20463736.jpg

パゴダの境内にある個室で瞑想をする、在家の仏教徒。
個室には仏像が安置されていて、1:1で仏と向き合うかたちになる。
大きなパゴダにはこのような個室がいくつも設けられていた。
カメラ:ニコンFE フィルム:コニカ パン400 レンズ:85mm
c0098222_20453498.jpg

カメラ:ニコンFE フィルム:コニカ パン400 レンズ:24mm
c0098222_2046068.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-10-19 20:59 | モノクロ写真 | Comments(0)