タグ:インレー湖 ( 10 ) タグの人気記事

インレー湖を目指すトレッキングの続きです。

峠を行く。
思いのほか切り立っていてダイナミックな様子を見せてくれます。
でも道はしっかりしていて牛車も普通に通れる幅。
c0098222_19075035.jpg

すれ違いざま世間話に花を咲かせるパオ族のおじさん、おばさん。
c0098222_19083878.jpg

峠の真ん中あたりには山の精霊を祀るお堂がありました。
c0098222_19085720.jpg

おばちゃんの牛車に付いてなだらかな坂を登っていくと…
c0098222_19092500.jpg

本日宿泊する村に到着!
標高は約1300m、パオ族の村です。
c0098222_19095575.jpg

宿泊手配をしているレストランへ。
とりあえず荷物を置かせてもらって村を散策してみました。
c0098222_19102636.jpg

家を建てている。
村に新しい家が増えていたり、畑では数年前には見なかった農機が使われていたり。
ここ数年で地方の暮らしにも変化が起きているように思いました。
しかしこの村では携帯はつながりませんでした。
お昼を食べた村ではつながりました。
c0098222_19112521.jpg

立派な木造の僧院。
c0098222_19114666.jpg

炊事に使う薪を運ぶ女性たち。
c0098222_19130706.jpg

今日の宿を見せてもらいました。
トレッキングでは僧院や一般民家に泊まらせてもらうのですが、
ここでは客人用に竹で壁を作った簡易な宿が建てられていました。
c0098222_19132768.jpg

中はこんな感じ。
室内は薄いカーテンで3部屋に区切られていました。
c0098222_19135463.jpg

寝具一式は用意されています。
衛生面など気になる方は寝袋を持参するといいでしょう。
c0098222_19140992.jpg

夕食までまだ時間があったので、夕日がきれいなポイントがないか
訊いてみたら、村外れの山に登るといいと言われた。

こちらがその山。

続く!
c0098222_19153949.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2016-04-14 16:30 | トレッキング | Comments(0)
インレー湖を目指すトレッキングの続きです。

最初の村に到着。
ここは真っ黒の民族服が印象的なパオ族の村。

トレッキング客が休憩できるよう、村のあちこちには小屋が
設けられていました。
そのうちのひとつに入ってみる。
c0098222_13274525.jpg

すると中では商売っ気たっぷりな?おばあちゃんがドーンと座っている。
作っていたのはパオ族柄のバッグ。
さりげなくお菓子やお茶を御馳走してくれたりもする。
うう、このシチュエーション、何も買わずに立ち去るのは
ちょっとつらいぞ!
c0098222_13281127.jpg

結局バッグ(小)をひとつ買ってから出発。
でもおばあちゃんがその場で精魂込めて?作ってくれた手作り品なんだな、
と思うとちょっと嬉しい気もする。
c0098222_13283407.jpg

道端で竹を使って何かを作る男たちが。
c0098222_13292019.jpg

出来上がったのはこちら。
農家の人たちが作物などを運搬するカゴですね。
c0098222_13293947.jpg

家族総出で畑仕事の風景。
手前にあるのは牛車。
c0098222_13300519.jpg

学校がお休みのこの時期、農作業を手伝う子どもの姿も目立ちました。
c0098222_13303160.jpg

こちらでも植えているのは生姜でした。
c0098222_13304721.jpg

霞む風景の先にうっすらと、お昼を食べる村が見えてきました。
続く!
c0098222_13310704.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2016-04-07 16:30 | トレッキング | Comments(0)
インレー湖を目指すトレッキングの続きです。

出発点の村に到着。ダヌ族、タウンヨー族が暮らす村。
静か。広い。のどか!
ここから山間の村を巡る徒歩の旅がスタート。
標高は約1300m。時間は朝9時。
c0098222_11534068.jpg

牛飼いの少年。
c0098222_11545729.jpg

シャン州の南、カヤー州へと続く鉄路。
カヤー州といえば首長族の村が最近人気ですね。
早く視察に行きたい!
c0098222_11562762.jpg

毎日PCを見続ける仕事をしている身にこの広大な風景は
目を休ませるのにとても効果的。
遠くの方を見ていると、少しずつ目の奥の疲労感が癒されていく気がしました。
c0098222_11581282.jpg

木陰で遊ぶ子供たち。
c0098222_11584423.jpg

今の時期、ミャンマーは雨が少なく乾燥気味。
しかもこの辺りは水が少ない地域のため、
植えているのは生姜やジャガイモなどが多かった。
c0098222_11595573.jpg

1時間ほど歩くと最初の村が見えてきた!
続く!
c0098222_12002163.jpg


クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2016-04-06 12:01 | トレッキング | Comments(2)
先日、Caféの準備の合い間に南シャン州のトレッキングに行って来ました。
トレッキングの出発点カローからインレー湖を目指すコースは以前、
所々日帰りで立ち寄った場所はいくつかあったのですが、
通しで歩いたことはまだでした。

ということで行ってみることにしました!

コースは1泊2日のやつ。

普通はカローから徒歩で出発する2泊3日コースなのですが、
なかなか長い休みが取れない日本のお客様向けに1泊2日で
こなせてしかも仏教遺跡インデインを訪れ、それからインレー湖も
ボートに乗って楽しめてしまうという大変欲張りなプラン。

ガイドと2人、まずは車でトレッキングの出発点の村を目指したのでした。

車窓の風景。
c0098222_11181333.jpg

村の入口。
いきなりトラックに通せんぼされる。
おそろしくゆっくりとした動きで、しばらく待たされることに。
モタモタした動きにちょっとイライラしてきたとき、あ、ここからは
町とは時間の概念が違う世界が始まるんだなと気付く。
せっかちな気持ちを抑えて、村の時間に心を合わせる。
c0098222_11200909.jpg

続く!

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2016-04-02 11:32 | トレッキング | Comments(0)

南シャン州の遺跡4

南シャン州に残る仏教遺跡。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:28mm
c0098222_13541796.jpg

[PR]
by thitsa | 2010-06-24 13:54 | タガウン・ザガー遺跡 | Comments(0)

南シャン州の遺跡3

南シャン州に残る仏教遺跡。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:28mm
c0098222_19314197.jpg

[PR]
by thitsa | 2010-06-19 19:32 | タガウン・ザガー遺跡 | Comments(0)

南シャン州の遺跡2

南シャン州に残る仏教遺跡。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:50mm
c0098222_945746.jpg

[PR]
by thitsa | 2010-06-17 09:45 | タガウン・ザガー遺跡 | Comments(0)

南シャン州の遺跡

もう何年も前に訪れた、インレー湖をずっと南下したところにある村の遺跡写真をしばらく載せます。

最近はどんな状況なのだろう。
ミャンマーでは仏教遺跡は遺跡ではなく生きた宗教建築物という考えがあり、遺跡を遺跡のままとせずに修復してしまうことが多いから、今頃はとても綺麗になってしまっているかもしれない。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:28mm
c0098222_20283296.jpg

[PR]
by thitsa | 2010-06-13 20:31 | タガウン・ザガー遺跡 | Comments(2)

モノクロ写真館13

インレー湖の玄関口、ニャウンシュエの売店。
カメラ:ニコンFE フィルム:コニカ パン400 レンズ:24mm
c0098222_14492814.jpg

同じくニャウンシュエにある船の係留所。
この水路の先に広大なインレー湖が広がる。
カメラ:ニコンFE フィルム:コニカ パン400 レンズ:105mm
c0098222_1449585.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-09-28 15:03 | モノクロ写真 | Comments(3)

ミャンマーの笑顔9

インレー湖の湖上にて。エンジン音を激しく響かせ水しぶきを浴びながら、高原の爽やかな風を全身に受けて進むボートの旅を、みんな大いに楽しんでいるようでした。おばさんたちにも自然と笑みがこぼれます。子供たちはきっと湖畔の町の小学校からの帰りでしょう。南にある湖上の村へと帰ります。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:200mm
c0098222_11275233.jpg

村には道路の代わりに水路が通っていて、エンジンボートはバス、手漕ぎボートはさしずめ自転車のような感じです。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:35mm
c0098222_11291757.jpg

[PR]
by thitsa | 2007-11-03 11:29 | 笑顔 | Comments(2)

ミャンマーと関わり19年。ブログは10年目。現地で旅行社と田舎カフェやってます。日々の暮らしや旅風景など綴ります。


by thitsa
プロフィールを見る