Myanmar Eye

タグ:イラワジ川 ( 3 ) タグの人気記事

バガン遺跡15

イラワジ川の対岸に沈む夕日。
視界には近代的な人工物はまったく見当たらず、遺跡が林立する東岸に比べとても荒涼とした印象の西岸。しかしこの地が栄えていた1000年前ときっと変わらない眺めなのだろうと思うと感慨深い。

ところで、夕日が沈む西の先の山脈の中には「ヨウ」と呼ばれる特別な土地があるという話を聞いた。
そこはバガン時代に追放された犯罪者や土地を収奪されて追い出された者などが暮らした流刑地のような場所だったようだ。昔からチン族の住む土地だが、今でも大昔に追放されたビルマ族の末裔が暮らしているという。

そこはどうやら今でも呪われた地とされているらしくて、「ソウン」と呼ばれる化け物がたくさん住んでいるとのこと。化け物にはいくつかのランクがあって、頭と腸だけの姿をしているものが一番ランクが低いらしいのだけど、そんなのがたくさんウロウロしているだけでも怖い。
その上、大昔にバガンを追放された者たちの末裔は妖術を使うとされていて、今でも人々に恐れられているのだという。
普通に考えたらそんな馬鹿な!な話だけど、何百年も前とあまり変わらない暮らしをしているようなミャンマーの田舎を旅したり、滞在したりしていると、どうも信憑性がありそうな気になってしまう。行ってみたいなあ。
カメラ:コニカミノルタ ディマージュA2 フィルム:デジタル レンズ:28-200mm
c0098222_14544891.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-02-03 14:59 | バガン遺跡/Bagan | Comments(0)

バガン遺跡13

ミャンマーを南北に流れる大河イラワジ川で、夕日を見るクルーズに参加した。
船は小さなエンジンボートをチャーター。
カメラ:コニカミノルタ ディマージュA2 フィルム:デジタル レンズ:28-200mm
c0098222_2043337.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-01-31 20:45 | バガン遺跡/Bagan | Comments(0)

バガン遺跡5

村で会った少年に誘われるまま路地を進むと、急に視界が開けてイラワジ川が姿を現した。
竹を組んで作った洗濯場兼、物干し場。
カメラ:ニコン FE フィルム:フジ プロビア100 レンズ:24mm
c0098222_1329529.jpg

ソワソワしながら洗濯の手伝いをこなす少年。
で、終わると…
カメラ:ニコン FE フィルム:フジ プロビア100 レンズ:24mm
c0098222_13293979.jpg

いきなり飛び込んでスイミング!
半ば強引にこの後一緒に泳がされたのだけど、イラワジ川は思った以上に流れが強くて、危うく流されるところだった。水は結構冷たくて、暑さにバテ気味だった体にはなかなか心地良かった。
竹につかまってしばらくプカプカと平和なひとときを過ごす。
カメラ:ニコン FE フィルム:フジ プロビア100 レンズ:24mm
c0098222_13304451.jpg

[PR]
by thitsa | 2010-12-26 13:31 | バガン遺跡/Bagan | Comments(2)