Myanmar Eye

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ミャンマーで田舎カフェ!

前にこちらのブログでもチラッとお伝えしていたこと。
シャン州で店を開くというやつですね。
実は昨年末から本業で忙しい中、着々と準備を進めていました。

お店というのはカフェです!
我がホームグラウンド、南シャン州カローの町からちょっとだけ山の方に
入った集落の中にある、ごく普通の農家の民家を改装してカフェを
作っています。

こんな感じ!2階です。
c0098222_23275061.jpg

高台にあるので眺めはいいですよ!
まわりはごくふつーの村!村人のおしゃべりや子供たちの遊ぶ声が
聞こえてきたりします。
c0098222_23281330.jpg

夜の様子。なかなかいい雰囲気になりました。
c0098222_23284284.jpg

応援に来てくれた地元のお知り合い。
モデルになってもらいました!
c0098222_23290715.jpg

こちらは1階のカウンターテーブル。
普通の民家なので1階は天井が低めなのがちょっと難点だけどまあいいでしょ!
椅子やテーブルなど全部現地の職人に作ってもらったら予算を大幅に
超えてしまいました…。
c0098222_23313309.jpg

南シャン州の農家さんたちが作っているコーヒーをソーシャルビジネスの
観点から販売したいと計画してるのですが、産地であるこの南シャン州でも
地元で取れたコーヒーを楽しんでもらいたい、という思いがありました。

だから自家焙煎して、注文をいただいてからドリップするというやり方で、
コーヒー本来のおいしさを引き出すかたちで準備しています。
ちょっと手間はかかりますが。
でも新鮮なドリップコーヒーはおいしいですよ!

ミャンマーの人たち向けにミルク入りコーヒーも提供するのですが、できれば
ブラックコーヒーのおいしさに目覚めてほしいなあという気持ちがあります。
身のまわりのミャンマー人の中にはブラックもいける人が増えてきています!

本当は今月中にオープンしたかったのですが予定通り?に遅れ気味。
なんとか来月の水かけ祭りに間に合うよう目下奮闘中!
暑~い4月をヤンゴンで過ごす予定の方、標高の高いカローは涼しいですよ!
避暑に来てみてはいかが?その際はぜひCafe Kalawにもお立ち寄りください!
まだ完成前かもしれませんが…。

外観はこんなです。まだ看板も外壁も終わってないです。
また報告しまっす!
c0098222_23444120.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2016-03-28 23:54 | ミャンマーで田舎カフェ! | Comments(3)

避暑地に到着!

3か月ぶりに南シャン州のカロー(Kalaw)にやってきました。
12月に比べてだいぶ暖かくなっています。
とはいえ灼熱のヤンゴンから来るとたまらなく快適。
空気うまい。静か。日本の春のような陽気です。
1週間ほど滞在して骨休めしつつ仕事もしたいなと思ってます。

PCで疲れた目をシャン高原の広々風景を眺めて癒す!
c0098222_14360497.jpg

こっちで仕事できる時間を増やしたいと日々思っていながら
ずっとネット環境が悪くてちょっと厳しいか、と感じていたのが、
だんだんこんな田舎でもネットが速くなってきている!

こんなのどかなところにいますがネットは以前よりずっと快適。
c0098222_14363848.jpg

携帯の3G通信を使っていますが、色々試してみるとどうやら
テレノールが特に速いようです。ヤンゴンよりも速いですね。

ということで今後も快適カローでの時間を増やしていければと
思います。

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2016-03-13 14:43 | 風景 | Comments(0)

民族舞踊で夜が更けて

大学生のスタディツアー、無事終わりました!

ヤンゴン学生交流⇒バガン観光⇒僧院寺子屋交流⇒シャン州の村でホームステイ
⇒ヤンゴンに戻り市内観光

・・・といった流れで進めてきましたが皆さんとても満足いただけてた様子。
最後にみんな別れ際、空港で満面の笑みで手を振ってくれて、よく見ると先生まで一緒に
学生みたいに活き活きとした表情で手を振ってくれていたり。

この瞬間が旅行業をやっている醍醐味かな!と思いましたね。
学生たちが今後の人生を歩んでいく中で、今回の旅がどんな影響を及ぼしていくのか、
そういうところを想像するのも楽しいですね。自分自身が旅の経験で人生いろいろ影響
受けた人間なので。
一昨年、昨年とツアーに来てくれた学生の一人は今、ヤンゴン外国語大学への留学を
検討中だったりします。


シャン州の村のホームステイ先から写真が届いたのでちょっとご紹介。

キャベツ畑を行く。
c0098222_00191597.jpg

これは地元の若者とチンロン(蹴鞠)やってるのかな?
c0098222_00203741.jpg

夜は民族服の踊り子たち登場!暗闇にフラッシュでちょっと怖い目に
なってしまいましたね。でも田舎は美人が多かった、とは学生の意見。
ずいぶん遅い時間まで踊りで盛り上がっていたようです。
c0098222_00223160.jpg
シャン州の民族村で交流体験したい、ホームステイしてみたいという方は
お問い合わせください!



更にクリックもいただけるとめちゃ嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2016-03-07 00:30 | イベントいろいろ | Comments(0)

僧院が運営する日本語教室へ

次は僧院が運営する日本語教室へ。

と言っても実は教室は日本語だけではなく、様々な言葉を学ぶクラスがあり、
その中で土曜の15時から行われている日本語初級クラスにお邪魔させて
いただけることになりました。

まず、僧院の3階に上がってお坊さんにご挨拶。
そこで日本の学生たちのことを説明。
そして1階の教室へ行く前にお茶菓子などを御馳走になる。

僧院では本日17時半から中・上級の日本語クラスがあるのだけど、
なんとそのクラスの日本語上手な生徒さんたちが早めに僧院に来て
色々と準備をしたり学生たちと交流をしてくれました!

日本語の流暢な生徒との交流も行いたかったけど日程上夕方には時間が
取れず諦めていたので、これはありがたかった。
c0098222_20501604.jpg

1階の教室へ行ってみてびっくり。物凄い人口密度!
日本語の先生曰く、クラスのスタート時は立って授業を受ける人もいた
くらい更に濃い密度だったそうな。
ミャンマーの学びの場の例に漏れずここも女の子ばかりですね。

横長の席に4名がピッタリと体を寄せて座っていて窮屈そう…。
室内はエアコンが動いているにも拘らずかなり暑い。

ここはボランティアの教室で、学費は無料。
お金がかからないとはいえ、これだけたくさんの人が日本語を学びに
来てくれていることに静かに感動した。
c0098222_20505127.jpg

なかなかスケジュール通りにはことは運ばず、この僧院でもあまり
交流の時間を割くことが出来なかったのが残念。
それでも日本の先生の提案で、みんなそれぞれミャンマー学生の中に
飛び込んでいけ!ということになって、上級クラスの生徒の力も
借りながら分散して窮屈な中に入り込んで、短い時間の中でもなんとか
交流することができたのでした。

上級クラスには何度か日本の学生が交流に来ていたそうですが、初級クラスは
初めてとのこと。学習意欲をアップさせる良い機会になっていれば嬉しいです。
c0098222_20512321.jpg

夕方はこれまたイモ洗い状態のバスターミナルへ。
夜行バスに乗ってバガンへ向かいました。
私の参加はここまで。本当は一緒に行きたかった…。しかし仕事が…。
学生達、今日は今頃シャン州のホームステイ先の村で民族舞踊の歓迎を
受けていることでしょう。いいな~。
c0098222_20541369.jpg

しかし来週には自分もシャン州に行く予定です。一応仕事で。
ちょっと田舎で店を開こうと思いましてね…。


クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2016-03-02 21:16 | 人・暮らし | Comments(0)