<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ミャンマーの新年はみんな仕事は休みなのになんだか今年は忙しくなってしまい、
やっとちょっと一息入れられた感じ。日本はGWですね。

猛烈な暑さもこないだから雨が何度か降ってくれたおかげで和らいできたのでホッと
した途端に風邪を引いてしまいました。まったく油断ならないミャンマー生活…。

新年に友人のガイドさんが娘を連れて訪問してくれました。
とにかくよく笑うし全然騒がないしまったく手のかからない娘さんでしたね。

去年、カレン州のパアンを旅した際はこの娘さんが一緒でした。ガイドさんがパアン出身で、
行くなら娘を実家に見せに行きたいっ!ということで視察旅行がちょっと家族旅行みたいに
なってしまったのですが、道中7時間もバスに揺られていたのに娘さんは全然騒がないので
感心しましたね。むしろガイドさんの方が騒がしかったかも。時々子守りやらされましたが
それも楽しい思い出。
c0098222_17183290.jpg

ご近所さんが新年にまた乱入。

思えば近所付き合いや来客が、日本にいたときよりも格段に増えたなあ。
東京近郊の暮らしで近所の子供が勝手に上がり込むなんてまず無いことだから面白くて。
ミャンマーの暮らしの面白さのひとつはこの、周りの人間関係の濃さかな。
おすそわけでもらった麺とかをおいしい、おいしいと言ってたら覚えてくれて、
最近は挨拶のときでもおいしいと言ってくれます。
「ヨッ!おいしい!」「どこでかけるの?おいしい~」みたいな。
c0098222_17191265.jpg
向かいの雑貨屋の兄貴は昔々に3年だけ日本にいたことがあり、彼の片言の日本語と
私の片言のミャンマー語で楽しく会話してます。
最近は店の女の子2人が日本語の挨拶を覚えてくれて、買い物に行くのが
ちょっとした楽しみになってたりしてます。
c0098222_17301329.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2015-04-29 17:37 | Comments(0)
去年のダジャン(水掛け祭り)のときはシャン州に行ってましたが今年はひたすら
ヤンゴンでお仕事。

ということでほとんど外出らしい外出もしてません。
本当は熱気に満ちた水掛け祭りの様子や新年の町の様子などイベントをお伝えできればと
思ったのですが結局昨日ダゴンセンターにちょっと買い物に出たくらいでしたね。
歩いて15分くらい。店は混んでましたが道を走る車の量はいつもより少なかったですね。

なのでこないだダウンタウンでHOLGAレンズを使って撮影したイギリス植民地時代の
建物でも載せてごまかします。
c0098222_12345451.jpg
c0098222_12353748.jpg
c0098222_12361588.jpg
ダウンタウンで多く見られるこうした建物はつくづく植民地時代の正の遺産だなあと思います。
これらがきちんと修復されるとヤンゴンの町は見違えるでしょうね。
ぶっ壊して新しいビル建てるより、活かしてほしいなあといつも思います。

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2015-04-19 12:45 | HOLGAレンズ | Comments(0)
明日からミャンマーの新年を迎える水かけ祭り「ダジャン」がスタートします。
本日はダジャンイブ。既に街中は先走って水かけ始めてる子供とかいて油断できない状況です。

ふとグーグルの検索画面を見るとなんかそれっぽいロゴになっている!
クリックするとミャンマー語でダジャンの検索結果が出てきましたよ。
日本のグーグルでは表示されていないのかな?

リンクを貼ってみました⇒こちらをクリック。
これで日本でも見れる…のかな?
c0098222_18460708.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2015-04-13 18:59 | イベント | Comments(0)
ほとんど砂地のような道なので、結局バイクでもかなり滑ったり埋まったりして
後部座席に乗っているだけでも結構大変。しっかり掴まっていないとスリップした際に
落とされてしまう。
c0098222_18070992.jpg
ヤンゴンからそう遠くない距離の場所なのにとんでもない僻地になってしまった。
この先で象に会えるというのだけどどうなのか…。

道端に置かれたソーラーパネル。電気の来ていないところまで入り込んでしまった。
まわりは荒地と山並みが見えるのみ…。
c0098222_18175633.jpg
1時間ほど悪路と闘った後に現れたのはひっそりとした素朴な集落。
ここが象のいる村らしい。
c0098222_18192674.jpg
誰だそこから覗いているのは!
c0098222_18241215.jpg
とある家に案内される。象使いがいるという。
象使いはカレン族が有名だけど、ここの象使い達はビルマ族とのこと。
精悍な顔つきのおにいさんがお茶を出しつつ話してくれた結論は「象いないよ」。

いるときは20頭くらいいるそうなんだけど、今の時期は山に行ってしまっているそうな。
この場所、実は象を教育して使役に使えるようにするための象の学校。
今はお休みの時期なんだそうな。
c0098222_18233543.jpg
残念がっていると象使いのおにいさんがスマホで撮った象さんを見せてくれた。
はるばる悪路をやってきたけど結局画像でしかお目にかかれなかった…。
c0098222_18243884.jpg
この集落は象の先生たちが家族で住み込んでいるそうで、住んでいるのは全て象の関係者。
象の学校、国の施設でありながら予算が少なすぎて先生たちも生活が苦しくなっているそうな。
だから観光客を誘致して現金収入を得られたらいいなあ、と考えているという。

旅行会社を経営する者として、お役に立てるかも!しかしまずは交通の便の悪さを
何とかしないと。バイクでも厳しい道は途中までなら象で迎えに行くこともできるという。
これから雨期になるので、どこまで象が来られるのか、また雨期の間は様々な動物たちも
元気に動き出す季節。虫とか蛇とか、この集落周辺の状況は雨期にもう一度来て確認する
必要がありそうだ。次回は6月あたりにでも来てみるか…。
c0098222_18251260.jpg
象に乗るための台。
c0098222_18254722.jpg
こちらをじっと見つめる子供たち。怪しくないってばもう。
この後下手くそなミャンマー語でコミュニケーションを行えばいつもの様にほぼ間違いなく
仲良くなれるんだけど、今回はあまり時間が無いのと暑さでバテ気味のため早々に退散。
次回はもっと早い時間に訪問して村人と打ち解ける時間がほしいですね。
c0098222_18262015.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2015-04-11 18:27 | 人・暮らし | Comments(2)
…に行ってきました。ほんとにちょっとなんですが。暑かったし。

ヤンゴンというところはこの国の最大都市でありながらちょっと離れただけで
結構な僻地に行けてしまうところがまた面白いところ。
比較的近い場所で象さんに会える!という情報を手に入れ、行ってみたのでした。

途中まではしっかりとした舗装道路だったのですが、次第に舗装が車輪の幅しか
無いという道に変化。対向車とのすれ違いができなくなってしまうし、ハンドルを
誤るとタイヤを踏み外してしまうし、難易度の高い道をしばらくことに。

でもこの道路、予算の状況に応じたちょっと賢いやり方なんだそうな。
予算が無いときはまずこのようにタイヤの分だけ細ーく道を作っておき、後々に予算が
取れたら真ん中の溝を埋めて、最終的には両脇も固めて一人前の舗装道路になるという。
c0098222_22080837.jpg
そんな道も途中で工事中になってしまい、車が通れるのはここまで。
道が砂のようにサラサラになっていて、走るとタイヤが埋まってしまい
先に進めなくなってしまう。

一軒家の雑貨屋がポツンとあったので訊いてみると、ここからはバイクタクシーを
使うべし、とのこと。

暑いときはシャンバッグは帽子にもなるんだね…。
c0098222_22101267.jpg
店の親子。
「男の子?女の子?」訊くとお母さん、口では言わずにサッとズボンをまくって
見せてくれました。あ、男の子ね…。
しかしやけにいい目をしているな…。
c0098222_22113164.jpg
近所の村から若者がやって来てくれました。
…続く!
c0098222_22125101.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2015-04-06 22:17 | 人・暮らし | Comments(0)

ミャンマーと関わり18年。ブログは10年目。現地で旅行社と田舎カフェやってます。日々の暮らしや旅風景など綴ります。他には山村支援や雑貨屋、写真のことなどなど。


by thitsa