<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

パアンを訪れたのは15年ぶり。
ダイナミックな岩山の景観がとても印象に残っていて、旅行社を始めたらツアーを作りたいなと
思っていたのでした。
で、今回の視察旅行。

カレン族の聖地ゾエガピン山の頂上からの眺め。
この山自体も絶景ですが、山頂からの眺めもとにかく360度大絶景でした。
c0098222_19372636.jpg
今回ひとつびっくりしたのは、偶然このブログの読者の方にお会いできたこと。
日本人旅行者などあまりいないこの地方都市で出会えたことが感激でした。
ということでヤンゴンに帰って早々、最近更新できていないブログ更新を行ったのでした。
H様ご夫妻、あの時はお声かけいただきありがとうございました。

パアンはヤンゴンから車で6時間ほどのところにあります。
地球の歩き方にも載っていない観光地ですが、ここはなかなか素晴らしいだぞ!
そう強く思いました。
c0098222_20293296.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-11-28 20:30 | しごと | Comments(0)

日本のNGOの床屋さんへ

最近、AAR JAPAN[難民を助ける会]の床屋さんに通っています。

前に職業訓練センターを見学させていただいたときに、うちの近くに床屋が
あるらしいということは伺っていたのですが、先日偶然その場所を知ることになり、
徒歩で5分もかからないくらいの超近所であることがわかり、行ってみることに
したのでした。

3人の方が働いていましたが、皆さんおとなしい控えめな方たちで、
散髪中もなんだかホッとする感じ。

今まで近所の他の美容院などにも行っていたのだけれど、なかなか思うような
髪型にならなくてもどかしい、残念な気持ちになることも多々ありましたが
この店はなんか「通じた!」

まあもともと言葉の問題もあって細かく指示できない方が悪いんだけど、
時々テレパシーのごとくこちらが思う通りの髪型にしてくれる店というのがあって、
まさにここがそうでした。

以前は1年ほどうちの通りのすぐ裏の美容室に通っていたのですが、
そこの女の子の美容師が「通じた!」人で、ずっとお世話になっていたのに
ある日突然いなくなってしまった!
辞めてどこか別の美容院に行ってしまったとのこと。
その美容師がちょっとかわいかったもんだから尚更恋しくなってしまったのだけど
転職先の店の名前はわからず。
仕方なく近所の「通じる」床屋を探してあちこち行ってみたのですが、
ようやくたどり着いたわけです。

場所はSanchaung TownshipのNyaung Tone Street。鍼灸のソレイユさんや
最近日本人にも人気の小籠包の店、喜洋洋と同じ通りです。

AAR JAPANさんの活動についてはこちら!
c0098222_21424863.jpg
看板にはAARさんのロゴが!
c0098222_21435104.jpg


クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-11-14 21:46 | | Comments(0)

ミャンマーと関わり19年。ブログは10年目。現地で旅行社と田舎カフェやってます。日々の暮らしや旅風景など綴ります。


by thitsa
プロフィールを見る