<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

11年ぶりの再会!

2003年にミャンマーを旅しているときに出会った人と11年ぶりにミャンマーで
再会できることに!

彼は長年農業に携わり、有機栽培のプロ。
東南アジアにおける有機栽培を考えていたとき、私が昨年からシャン州で農業関連の
仕事を始めたのをネットで見つけてくれて、今回の訪問で会えることになりました。
月末に一緒にシャン州へ行って、うちの畑も見てくれることになっています。

彼は東南アジアの中でもミャンマーに強く感心を持っているそうです。
市場としても魅力なのかも知れませんが、彼のお祖父さんが昔戦争中にこのミャンマーに
来ていたことも大きいみたいです。

11年前に彼と会ったとき、戦争中にヤンゴンのスーレーパゴダの前で撮影したお祖父さんの
写真を見せてもらいました。
お祖父さんが撮影した場所と同じ位置で自分も写真を撮りたい!との希望に応え、
一緒に場所を探して撮ってあげたことは懐かしい思い出です。
11年ぶりの再会でどんな話で盛り上がれるのか、今から楽しみです。

2003年、夕暮れのメイッティーラ湖。
写真の人物は日本語教室の学生さん。今頃どうしてるかな...。
c0098222_14192746.jpg
つい先日、これからシャン州に住み込んで農業を始めようとしている若手の農業家?と
お会いして意気投合してたのですが、彼女、ミャンマーに来る直前に偶然その私の
知り合いと出会っていたとのことで、こちらもびっくりでした。
シャン州で3人で会おうと話しています。
なんというか偶然とは思えない、人の縁のようなものを感じましたね。

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-07-27 14:22 | 人・暮らし | Comments(0)

一番長持ちの旅道具

今回のシャン州の旅でも活躍してくれたこのザック。
登山用の80Lくらいの大容量ザックですが、思えばこれが一番長く使っている旅道具でした。

ICI石井スポーツ製で、私が高校登山部に入ったときに買ったものなので、もう25年も
使っていることになります。

テントと寝袋を詰めて山登り三昧したあとは長期海外貧乏旅行の相棒となりました。

背中や腰のクッションはボロボロになり無くなってしまったのでもう登山には使えませんが、
今もこうしてミャンマーの旅の友として現役で使えているというのはなんだか不思議な
気がします。

私の旅の原点は登山でしたが、旅先でこのザックを見ていると原点を思い出します。
そして今も自分の旅は続いているんだなあとしみじみ実感したのでした。
c0098222_11221275.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-07-24 11:25 | その他 | Comments(0)

小学校に文具送呈


シャン州の旅をダラダラ更新させていたらもう月末の次のシャン州訪問が近づいてきてしまった!
なので今回の分はこれで一旦終了しますね。

この旅ではこのあと様々な観光関連の施設などまわってきました。
延び延びになってますが今、旅行社を設立中で、このシャン州を舞台にしたツアーを色々紹介したいのです。
そのあたりは後日、旅行社のサイトと絡めて紹介していきたいと思います。
c0098222_17415601.jpg

他に行なったのはわれ等がプチNGO、南シャン州交流会のイベント。
6月は学年の始まり。小学校に文房具を寄付してきました。

以前取り付けた浄水設備。しっかり機能してました。
この浄水器のフィルター交換も今回の重要な任務。
c0098222_17432611.jpg
今回3つの小学校を訪問してきましたがこちらはそのひとつ。山の方の丘の上にあります。
c0098222_17445665.jpg
狭い校舎の中は簡単な板で区切られています。
手前右はなんと職員室。校長室は無いようでした。
c0098222_17515432.jpg
狭いけどみんな生き生きと楽しそうでしたよ。
c0098222_17461227.jpg
こんなに集まっちゃって!完全に授業妨害しているなオレ...。
c0098222_17510317.jpg
帰りにちょっと校長先生の家に寄り道。
先生の家は100年くらい昔にイギリス人が建てた家でした。
レンガでしっかりと作られていて暖炉もあります。
このような家がここカローにはまだたくさん残っていて、手入れをしながら今でも使っています。
竹で作った壁や小屋もあったりして、和洋折衷ならぬ緬洋折衷?
c0098222_17530696.jpg
高校生の娘さん。
一般のミャンマー女性より背が高くて顔の彫りが深いのが彼女の悩みだそうで、
そんな彼女に「そこを活かしてモデルになってしまえ!」と家族はけしかけているそうです。
c0098222_17534943.jpg
寄付の様子などはこちらにもっと詳しく載せています!

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-07-18 18:14 | 南シャン州交流会 | Comments(0)

森の僧院

気付けば11日間もブログ更新が滞ってましたね。時間の経つのが速い!

旅行社設立の準備をしながら諸々の雑務に追われているという状況です。
しかしミャンマーの役所にはホトホト嫌になりますね。
日本では信じられないような対応が続出です。
おかげで7月オープンという目標はかなり厳しくなりました...。

前回の山頂遺跡の直下にある僧院は森に囲まれた落ち着いた場所で、
ここも素晴らしいパワースポットでした。
c0098222_13351294.jpg
建物の横にそびえる大きな木。
c0098222_13442344.jpg
住職(左の方)。10年ほど前からこの僧院を任されている。
先代の意志を継いで僧院の森を守っている。
c0098222_13455307.jpg
僧院には電気は来ていないのですが大きなソーラーパネルが設置されていて、
夜の明かりや放送用の設備などに使われているという。

今までに数名、外国人が訪れたことがあるそうな。
ランの研究で滞在した2人の日本人。そして孔雀を撮影に来たドイツ人。
孔雀はこの辺りに少ない貴重な自然林である僧院の山には多く生息しているのだそうです。

お茶とお菓子をいただきました。
この米から作った塩味ベースのお菓子はこの辺りの特産。
とってもおいしくてミャンマーのお茶とも合うのです。
ひっきりなしにパクパク食べていたのに住職は気付いていたようで、
なんとこっそりお土産として渡してくれていたのに帰りの車中で気付きました。
粋な計らいに感謝!
c0098222_13555541.jpg
更に孔雀の羽もお土産にいただきました!綺麗だ~
c0098222_13461521.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-07-11 16:29 | 建物 | Comments(0)

ミャンマーと関わり18年。ブログは10年目。現地で旅行社と田舎カフェやってます。日々の暮らしや旅風景など綴ります。他には山村支援や雑貨屋、写真のことなどなど。


by thitsa