Myanmar Eye

<   2013年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ヤンゴン下町生活者の水事情

ヤンゴン下町生活者の暮らす建物は地元の人と同じタイプの一般的な造りのマンション。
7階建てで1フロアには奥行が長い縦長の部屋が2つ、2世帯が暮らすようになっています。
そして部屋と部屋の間には階段があり、上へと続いています。

このようなマンションではたいがい水を得るのに多少の面倒があります。

うちは地下水をモーターで組み上げて、まずは1階の貯水槽に蓄えられます。
このモーターは1階に暮らす管理人が日に2回、決まった時間だけスイッチを入れています。
こんなふうに水がいっぱいになっているのを見かけたら、急いで部屋へ!
c0098222_0293411.jpg

各住人が貯水槽に溜まった水を自分たちの部屋へ送り込むために、このような各自が用意した
モーターにスイッチを入れるのです。各部屋には貯水槽を設けていて、そこに水を貯めておく。
c0098222_032127.jpg

とにかく水の取り合いになります。1階の貯水槽を満たすモーターは1日中稼働しているわけではないので、
我先にと水を組み上げると貯水槽が空になってしまう。そのまま1階のモーターがストップしてしまったら、
次にモーターが回る時まで待たなければならない。

タイミングが悪かったり、停電が頻発するとなかなか水を得ることができなくて苦労することがあります。
6年前、1日16時間も停電していたときには大変だった。
都市に普通に住んでいながらまるで災害にでも遭ったかのような水不足に悩まされたものだった。
洗濯で使った水を溜めておいてトイレで使ったり、シャワーは使わずにタオルで体を拭くに留めたり…。

普通に水道設備がしっかりしている日本では考えられないような問題がここでは結構あります。
そういったこの国ならではの苦労や不満をしっかり把握することがビジネスチャンスを得るひとつの
手段になるんではないかな~と思ったりしました。

電気の配線なんかでもこれまた一苦労あったりするのだけど、それはまた別の機会に。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-24 00:38 | 建物 | Comments(0)

スタバが6月にヤンゴンに?

最近、ヤンゴン中心部に来たときにやたらと立ち寄るようになってきた、
グランドミヤタホテルのカフェ。
前にもご紹介したようにここではスターバックスのコーヒーが飲めるので、
日本ではどちらかというとドトールに行くことが多かったのに、
なんとなくいつもスタバのコーヒーを飲むようになっていた。
スタバのコーヒーを仕入れて販売しているのですね。

で、いつものようにスタバコーヒーを注文すると店員さんからコソッと気になる情報が。

「6月にヤンゴンでスターバックスがオープンしますよ…」

本家がミャンマー進出を視野に入れていることはニュースで
読んでいたけれど、いきなり来月?
何で店員さんそんなこと知ってるの?

詳しいことは訊けなかったけど、本当だったらすごい。

しかしこのホテルのロビーは開放感があって空いていて、
場所として気にいっているので、本家が相当居心地が良くなければ
引き続きここで珈琲時間を楽しむことになるでしょうね…。
c0098222_16273810.jpg

この頭上の開放感がたまりません。
c0098222_16274064.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-23 16:04 | 食べ物 | Comments(2)

雨が降ってきた

今日は結構まとまった雨が降った。
最近増えてきた雨の回数。いよいよ雨期が始まるのか。。。
c0098222_20194092.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-21 20:20 | 風景 | Comments(0)

代​官​山​蔦​屋​書​店​様​に​て再び​当​店​の​​雑​貨販売中​♪

再び! 代​官​山​蔦​屋​書​店​様​に​て​当​店​の​​雑​貨を置いていただいております。

スタバの近く、代官山蔦屋書店旅行フロア内です。 ミャンマーフェアの一環ということです。
今回も2週間ほど置いていただきます。

代官山へお越しの際はぜひぜひ蔦​屋​書​店​様へお立ち寄りください!

ネットを見ていたらなんとミャンマー人タレントの黒宮ニイナさんが蔦屋のミャンマーコーナーを紹介してました。
雑貨の写真もupされている!そう、このバッグとか当店から出させてもらってるんです!

ニイナさんのブログ記事はこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-20 10:37 | イベントいろいろ | Comments(0)

ヤンゴン下町の足、サイカー

街角の木の下などに集まってじっとお客さんから声がかかるのを待つのは
ヤンゴン下町の必須交通手段とも言える「サイカー」。

「サイドカー」の語源の通り自転車にサイドカーを取り付けた軽快な乗り物。
自転車の速度で下町の風情を眺めながら進むのは楽しいひとときである。
最近は車の量が増えたので道路を走るサイカーがとても危なっかしく見えて
しまうのがちょっと残念。
c0098222_1214743.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-20 01:26 | 乗り物 | Comments(0)

NGO国際医療連携ネットワーク様のポスターに写真を使っていただきました♪

ミャンマーで医療に関する活動を展開する特定非営利活動法人国際医療連携ネットワーク様
には以前、サイトに使用するための写真を提供させていただきましたが、このたび6月16日に
開催される国際フォーラムのためのポスターにも私の写真を使っていただけることになりました!

こんな感じです。左上の写真がそうですね。ありがたいことです。
c0098222_1832959.jpg

他の途上国の例に漏れず、ミャンマーも医療の遅れは深刻です。
ちょっとしたことでも手遅れになったり、治すことができなかったりするミャンマーの医療事情。
そういうところも日本は恵まれてるなあと思います。

フォーラムの基本情報を転載させていただきますので、ご興味のある方はぜひ。

日時:平成25年6月16日(日) 13:00~16:30(開場12:30)

会場:ミッドランドホール (TEL: 052-527-8500)
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目7-1 ミッドランドスクエア オフィスタワー5階

講演:(1)「ミャンマーの現状と日本の支援戦略」
    前田 匡史 様(国際協力銀行 執行役員、前内閣官房参与)
    
    (2)「激変するミャンマー情勢の実相」
    山口 洋一 様(NPO法人 アジア母子福祉協会 理事長、元ミャンマー大使)

    (3)「ミャンマーの医療事情」
   Myat Thu先生(Yangon General Hospital 教授、ミャンマー脳神経外科学会会長)

トークセッション:
    浅井 愼平 様(写真家)
    吉田 統彦 先生(前衆議院議員)

参加方法などその他詳細はこちらをどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-13 18:38 | イベントいろいろ | Comments(0)

自宅裏で建築中の建物の壁が気になりだした

自宅の裏ではヤンゴン下町生活者が暮らす住宅と同じような造りの集合住宅を建設中。
ここはミャンマー。ペースはゆっくりではあるけど着実に高さは増してきている。
c0098222_1554557.jpg

壁はレンガを積んで造られているのだけど、その造りの貧弱さに絶句。
これ…蹴ったら崩れちゃうんじゃないか…?

うちも同じような造り方をしていると思うとちょっと怖いです。
これからはあまり壁に寄りかかったりしないようにしよう…。
非常階段も使うのになかなか勇気が要りそうな角度になってますね。
ま、火事なんかのときはビビっている場合じゃないか。
あせって踏み外さないように気をつけてほしいものです。人ごとじゃないけれど。
c0098222_1643863.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-11 16:08 | 建物 | Comments(0)

日本語・ミャンマー語の情報紙「SHWE BAMAR」

知る人ぞ知る、日本語とミャンマー語で書かれた月間情報誌「SHWE BAMAR」。
去年10年ぶりくらいに訪れた、日本で行われたミャンマーの水かけ祭りで来場者に配られて
いるのを見たときはちょっと嬉しかったですね。
在日ミャンマー人の間ではよく知られた情報誌だとそこで聞いて更に嬉しくなりました。

2009年からフォトエッセイを連載させていただいているのですが、なかなか街中で見かける
ことがなかったので、読んでいる人の顔が見えず、ちょっと心配だったのでした。
読者の姿を間近に見ることができて、しっかり書かなければ!と気持ちを新たにしたのでした。

今月号から私の担当ページが一新されました。
今まではいきあたりばったり的に過去の旅からミャンマーを紹介する「ミャンマー旅便り」という
名前での連載だったのですが、今年から筆者がヤンゴンに居住することになったのを受けて
「ヤンゴン下町便り」と名称変更。旅人の目線から生活者の目線で現地レポートを伝えます。

第1回は「変わりゆく人々の狭間で」。
ヤンゴン引越し早々、買い物がてら国軍ホールの展示会を見に行ったときの様子を伝えながら、
ミャンマーの今とこれからについて考えました。

SHWE BAMARでは他にも読んで楽しくためになるニュースやレポート、ビジネス記事なども読めます。
ミャンマーに興味ある方、是非一度手に取ってみてくださいな!
↓ こちらから購入できます。高田馬場のミャンマー人向け雑貨店などにも置いてあることがあるようです。

SHWE BAMAR

c0098222_23471296.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-10 23:52 | その他 | Comments(0)

ヤンゴン下町生活者が日本からお金を受け取るとき

日本の銀行口座にあるお金をミャンマーで受け取る際の方法として使っているのは主に2つ。

1つはVISAカードを使ってATMから引き出す方法。チャットで引き出せます。
1回5000チャットかかりますがこれは助かります。
昔はATMなんて存在してなかったので、どうしてもミャンマーでお金が必要になったときは
隣のタイまで飛んで、そこのATMからバーツで引き出した上でドルに替えて持って帰ったりしていました。

もっと昔、長期旅行者(というか貧乏旅行者)をやっていたときはクレジットカード自体持っていなかったので、
帰国までの間、どうにもお金が足りないといった際には旅行者から借りるなんてこともやったなあ。
相手も貧乏旅行者なのに快く貸してくれて、今更だけど感謝の気持ちが湧いてくる。

もう1つはウエスタンユニオンを使って送金してもらう方法。
数万円レベルならATMでもいいかもしれないけれど、数十万円レベルの送金が必要だったので
利用することに。海外送金だの海外旅行だのまったく縁のない日本の友人K君に無理やり頼んで、
日本橋の大黒屋から送金手続きを行なってもらったのでした。

ウエスタンユニオンの窓口はカンボーザ銀行CB BANK等にあるので、近所ですぐ見つけることができた。
日本側で送金手続きが終わったら送金番号を聞いてパスポートを持って窓口へ行けば、書類1枚に
必要事項を書いてすぐに手続きをやってくれる。
この日はとても混んでいたので50分くらいかかってしまった。
日本で頼んだお金が数十分後には手元にあるって、ちょっと感動的でしたね。
c0098222_16244975.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

[PR]
by thitsa | 2013-05-08 16:27 | 人・暮らし | Comments(2)

夕暮れ時の下町にて

夕暮れ、家への帰り道。我がヤンゴンの下町通りに入ると、恐ろしく大音響で歌声が聞こえてきた。
何やら仏教関係の文化活動らしい。
チャリティーイベントとして歌を披露し、寄付を募っていた。

家に着いても大音響が凄すぎて耳が痛いほど。しかもいただけないことに歌が下手。
何で苦情にならないのか不思議なほど常軌を逸した音量に思うのは自分だけなのか…。
c0098222_2222921.jpg

[PR]
by thitsa | 2013-05-07 22:05 | 人・暮らし | Comments(0)