<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

バガン遺跡13

ミャンマーを南北に流れる大河イラワジ川で、夕日を見るクルーズに参加した。
船は小さなエンジンボートをチャーター。
カメラ:コニカミノルタ ディマージュA2 フィルム:デジタル レンズ:28-200mm
c0098222_2043337.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-01-31 20:45 | バガン遺跡 | Comments(0)

バガン遺跡12

遺跡を訪れる観光客向けの土産物屋で働く女の子。
顔に塗られているのは「タナカ」という木を専用の石でこすってペースト状にしたもの。
塗ると涼しい、日焼け止めになる、肌に良いなどと言われている。
カメラ:ニコン D70 フィルム:デジタル レンズ:35mm
c0098222_20203782.jpg

こちらの子もタナカを塗っている。
顔全体や首筋にも薄く塗っているのは、日焼け止めということもあるけど、少しでも色白に見せたいという思いもあるからだそうな。ミャンマーでも色白の方がもてるから。

髪がしっとりしているのは、ココナツ油100%で作られたヘアクリームを付けているため。
髪を太くし、成長を促進させ、更に頭をすっきりさせる効果もあるという。
花の髪飾りも含め、身だしなみは全て天然素材でできている。なんとエコで健康的なんだ!
カメラ:ニコン D70 フィルム:デジタル レンズ:35mm
c0098222_19203623.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-01-30 19:40 | バガン遺跡 | Comments(0)

電子書籍の紹介

ちょっと今回は、数えてみたらかれこれ14年もの付き合いになるフォトジャーナリストの友人が出版した電子書籍を紹介させていただきます。

去年、タイのバンコクで起こったデモを取材したドキュメンタリーです。
一気に読み通してしまうほど、とても臨場感に溢れた作品でしたね。
彼はこんな危ないところで1ヶ月も取材していたのか!と、ちょっとびっくりしてしまいました。
写真や文章の力は勿論のこと、この電子書籍という新しい媒体の力も作品の魅力を引き立てているように思いました。
よろしければご覧になってみてください。

電子書籍『<衝撃ルポ>タイの悲しみ、バンコクに流れた血』(中央公論新社)

こちらから
c0098222_17142430.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-01-29 17:19 | その他 | Comments(0)

バガン遺跡11

シュエサンドーパゴダより、別方向の眺め。
カメラ:ニコン D70 フィルム:デジタル レンズ:35mm
c0098222_2183568.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-01-27 21:08 | バガン遺跡 | Comments(0)

バガン遺跡10

シュエサンドーパゴダから見た夕暮れの景色。
カメラ:ニコン D70 フィルム:デジタル レンズ:50mm
c0098222_0234077.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-01-18 00:25 | バガン遺跡 | Comments(2)

バガン遺跡9

夕暮れ時のシュエサンドーパゴダ。
ここはバガンでは数少ない、上に登ることができるパゴダ。
カメラ:ニコン D70 フィルム:デジタル レンズ:35mm
c0098222_043770.jpg

たくさんの旅行者たちが幻想的なバガンの落陽を見るために集まっていた。
カメラ:ニコン D70 フィルム:デジタル レンズ:35mm
c0098222_063520.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-01-16 00:07 | バガン遺跡 | Comments(0)

バガン遺跡8

アーナンダ寺院の回廊に置かれた瓶。
灼熱の中をやってきた参拝者に冷えた水を提供する。
カメラ:コニカミノルタ ディマージュA2 フィルム:デジタル レンズ:28-200mm
c0098222_20401151.jpg

回廊の脇に横たわるオヤジ。
果たして何者なのか…。
カメラ:コニカミノルタ ディマージュA2 フィルム:デジタル レンズ:28-200mm
c0098222_20402977.jpg

回廊を抜けると直立した巨大な仏像が静かにこちらを見下ろしていた。
この仏像は見る位置で表情が微妙に変わる。
この寺院は1091年に建てられた。
カメラ:コニカミノルタ ディマージュA2 フィルム:デジタル レンズ:28-200mm
c0098222_20404983.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-01-14 20:41 | バガン遺跡 | Comments(2)

バガン遺跡7

遠くに霞むたくさんの仏塔を眺めていると、何だか遠い昔の時代に入り込んでしまったような気分になる。
カメラ:ニコン D70 フィルム:デジタル レンズ:50mm
c0098222_21484571.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-01-12 21:49 | バガン遺跡 | Comments(0)

バガン遺跡6

昨年に引き続きミャンマーの代表的な観光地でもあるバガン(パガン)の写真を載せます。
前回から進んで今回は2006年のバガン。

ヤンゴンエアウェイズの機内から見下ろす乾季のバガンはとても乾いた印象。
カメラ:コニカミノルタ ディマージュA2 フィルム:デジタル レンズ:28-200mm
c0098222_125178.jpg

着陸直前。空港周辺にも古いパゴダが点在しているのが見て取れる。
右上の林の向こうに見えるのはイラワジ川。
カメラ:コニカミノルタ ディマージュA2 フィルム:デジタル レンズ:28-200mm
c0098222_125409.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-01-10 12:06 | バガン遺跡 | Comments(0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます!


昨年もたくさんの方からアクセスやコメントをいただき、楽しく更新を続けていくことができました。
ありがとうございます。
今年も相変わらずのマイペースですが、写真を通じてミャンマーの魅力や諸々を地味にゆる~く発信していきたいと思います。
どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年のミャンマーは色々と大きな変化のあった年でした。
例えば20年ぶりの総選挙、アウンサンスーチーさんの解放。
こういった出来事が今年のミャンマーにどのような変化をもたらしていくのか。
今後も注目していきたいと思います。

さて、ここ数年で毎年の恒例となっている、笑顔の写真を今年も集めてみました。
本年も皆様が笑顔で1年を過ごせますように!!


トラックの荷台が座席の乗り合いタクシーにて。
カメラ:ペンタックスMZ-3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:35mm
c0098222_11423414.jpg

不敵な笑みを浮かべながらサモサを揚げる男。
カメラ:ニコン NewFM2 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:24mm
c0098222_114259100.jpg

農作業を手伝う少女。
カメラ:ペンタックスMZ-3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:35mm
c0098222_11431847.jpg

市場で花を売る母娘。
カメラ:ニコン FE フィルム:フジ プロビア100 レンズ:35mm
c0098222_11433579.jpg

抜群のバランス感覚。すごい!
真似したけど全然ダメだった。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:50mm
c0098222_11435262.jpg

ヤンゴン郊外の寺院にて。
外国人が珍しくて売り子の子供たちが集まってきた。
みんなライバルというわけじゃなく仲良しらしい。
カメラ:ニコン FE フィルム:フジ プロビア100 レンズ:24mm
c0098222_11442445.jpg

山地の集落にて。
人懐っこいダヌー族の少女。
カメラ:ニコン NewFM2 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:50mm
c0098222_11443784.jpg

池に水汲みにやってきた少年達。
水汲みはどこへ行っても子供たちの重要な仕事だった。
カメラ:ニコン FE フィルム:フジ プロビア100 レンズ:24mm
c0098222_11445486.jpg

夕食をご馳走してくれたある農家。
一家団欒のあたたかいひとときにお邪魔させてもらえ、旅人も大いに和んだのでした。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_1212396.jpg

[PR]
by thitsa | 2011-01-01 11:47 | 笑顔 | Comments(5)

ミャンマーと関わり19年。ブログは10年目。現地で旅行社と田舎カフェやってます。日々の暮らしや旅風景など綴ります。


by thitsa
プロフィールを見る