<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

僧侶は現在75歳。今は洞窟の前に在家の人たちが建てた小屋に暮らしています。ミャンマーでは、この僧侶のように高い境地に達した僧侶と会い、一緒に時を過ごすこと、それだけでも自身に良い影響を与えると信じられています。このような辺鄙な土地でも、僧侶にひと目会いたいと訪れる人は絶えません。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_1044594.jpg

[PR]
by thitsa | 2007-07-30 10:45 | シャン山脈奥地 | Comments(0)
僧侶が修行を行なった洞窟の内部の更に奥、腰を屈めてやっと通り抜けられるほどの通路を進むとそこは天井が高くなっていて、中央には古いストゥーパ(仏塔)がありました。800~1000年ほど昔に建てられたらしいということが、材料として使われたレンガから推察されるそうです。当時の王様が遠征中この地に立ち寄り、建てたものであるという言い伝えも残されているとのことでした。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_10525472.jpg

カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_10534525.jpg

[PR]
by thitsa | 2007-07-21 10:54 | シャン山脈奥地 | Comments(0)
薄暗い森の中、岩の多い山道を注意しながら進むと、その先に明るい空間が見えてきました。洞窟のパゴダです。ここには、たった一人で洞窟に篭り修行を続け、阿羅漢の境地(煩悩を断じつくした、聖者の最高の位)に達したと言われる僧侶が暮らしていました。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_2117274.jpg

[PR]
by thitsa | 2007-07-17 21:17 | シャン山脈奥地 | Comments(0)

ミャンマーと関わり19年。ブログは10年目。現地で旅行社と田舎カフェやってます。日々の暮らしや旅風景など綴ります。


by thitsa
プロフィールを見る