カテゴリ:店( 28 )

dacco. myanmarさんの商品はヤンゴンの色々なお店の一角にあるのを
時々見かけていいて、ちょっと気になっていました。

今まで店舗は持っていなかったそうで、今月になり念願のオープン!
ということで早速見に行ってきました。

場所はヤンゴンを観光するならきっとみんなが訪れる、巨大寝釈迦仏の
チャウタッジーパゴダのすぐ近く。
観光の途中に立ち寄りやすい、とっても便利な場所です。

このパゴダの前の通りにあります。
c0098222_14044801.jpg

1階には普通のローカル感溢れる雑貨屋さんや食堂があったりします。
写真右上に看板あり!
c0098222_14051927.jpg

階段のところにもサインがかけてありますね。
1st Floorは日本でいう2階です。
c0098222_14060258.jpg


階段を登ると素朴でオシャレな入口が。
c0098222_14064557.jpg


店内にはアジア雑貨好きのハートをくすぐる素敵空間が広がる!
c0098222_14132974.jpg

お店のオーナーさんはミャンマーと長く関わっている、ヤンゴン在住の日本人女性。

 ・ミャンマーの各地域で守り伝えられてきた伝統文化の継承と発展
 ・生産者の生活環境改善と生計向上
 ・ミャンマー産品の発信  

こうしたテーマを持って活動に取り組んでこられたということです。

雑貨のデザインやセレクトが素敵だなあと思ったのですが、それに加えて
品物のひとつひとつに作り手の思いや作り手とのつながりを感じました。
ハイセンスでコンセプトを持った雑貨屋って、今までミャンマーにはほとんど
無かったんですよね。
c0098222_14085652.jpg

一般に売られている雑貨などに比べてこちらの品物は作りがとても丁寧なんですね。
日本人の目でしっかりと生産管理をされているのがよくわかります。
私もミャンマー雑貨を取り扱っているからよくわかるのですが、一般のものは
どうしても日本人から見ると雑なものが多くて。
c0098222_14101397.jpg

店内の写真はたくさん撮らせてもらったのですが、考えてみたらあんまり掲載すると
「お店で素敵な雑貨を発見するヨロコビ」が減ってしまいますね!
ここはぜひ実際にお店へ足を運んでみてください。
10時から18時まで毎日やってるそうです。



Address:
Room D2 (1st Floor), No.102 Aung Chan Thar Compound, Shwe Gon Daing Road,
Bahan Township, Yangon (near SSC Hospital and above K-mart)



クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2015-05-26 14:23 | | Comments(0)

日本のNGOの床屋さんへ

最近、AAR JAPAN[難民を助ける会]の床屋さんに通っています。

前に職業訓練センターを見学させていただいたときに、うちの近くに床屋が
あるらしいということは伺っていたのですが、先日偶然その場所を知ることになり、
徒歩で5分もかからないくらいの超近所であることがわかり、行ってみることに
したのでした。

3人の方が働いていましたが、皆さんおとなしい控えめな方たちで、
散髪中もなんだかホッとする感じ。

今まで近所の他の美容院などにも行っていたのだけれど、なかなか思うような
髪型にならなくてもどかしい、残念な気持ちになることも多々ありましたが
この店はなんか「通じた!」

まあもともと言葉の問題もあって細かく指示できない方が悪いんだけど、
時々テレパシーのごとくこちらが思う通りの髪型にしてくれる店というのがあって、
まさにここがそうでした。

以前は1年ほどうちの通りのすぐ裏の美容室に通っていたのですが、
そこの女の子の美容師が「通じた!」人で、ずっとお世話になっていたのに
ある日突然いなくなってしまった!
辞めてどこか別の美容院に行ってしまったとのこと。
その美容師がちょっとかわいかったもんだから尚更恋しくなってしまったのだけど
転職先の店の名前はわからず。
仕方なく近所の「通じる」床屋を探してあちこち行ってみたのですが、
ようやくたどり着いたわけです。

場所はSanchaung TownshipのNyaung Tone Street。鍼灸のソレイユさんや
最近日本人にも人気の小籠包の店、喜洋洋と同じ通りです。

AAR JAPANさんの活動についてはこちら!
c0098222_21424863.jpg
看板にはAARさんのロゴが!
c0098222_21435104.jpg


クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-11-14 21:46 | | Comments(0)

夜の喫茶店

ダウンタウンに住む知人を訪問した帰りに路上喫茶店で一息入れた。
時間は夜の9時半頃。人影は数時間前に比べたらだいぶ少なくなっただろうか。

辺りを見回すと、何人かで会話を楽しんでいるグループも多いけど
一人の時間を味わう紳士たちの姿もチラホラ。

電話かけたり、スマホいじったり。そういえばこの1年くらいでスマホ普及率が格段に
上がったなあ。路上市場の八百屋の女の子とかも普通に使ってるし。
c0098222_18553719.jpg
大きなタブレットを熱心に見つめる青年の姿も。
c0098222_18555709.jpg
ヤンゴンの一般宅では70~80㎡くらいの住宅に親兄弟祖父母など結構大勢が
暮らしていたりして、自分の部屋があって一人の時間を楽しむ、なんてことは
なかなかできないから、町中にたくさんあるこうした喫茶店で一息入れる人が
多いんじゃないかと思う。

なかなか美味しいラペイエ(ミルクティー)であった。
ただ、足元をウロチョロするゴキブリさんたちがいなければもっと深く味わえたけどな…
c0098222_18593274.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-09-07 19:02 | | Comments(2)

タウンジーへ2

市場を見たあとは地球市民の会の事務所へお邪魔しました。
場所がわからずウロウロしてたのだけどちょうどスタッフさんたちと合流できてよかった!
シャン州農業の可能性や課題など、また色々とお話を伺うことができました。
c0098222_21094095.jpg
その後は市内の肉まんの店へ。
なんでも、タウンジーを訪れたら必ずこの店で買わなければいけないといわれるほど人気の店だそうで、
嫁の母親とその友人、でかいのいくつも買ってました。
c0098222_22224061.jpg
店の名前がセブン・イレブンってどういうことなんだろう。
日本と関係あるのか?オーナーが日本帰りのミャンマー人?
c0098222_22222376.jpg
11年前と比べてバイクも車もすごく増えた気がします。
昔はあまり感じなかった、州都らしい賑やかさが今はちゃんとあるように思いました。

タウンジーまで来て唯一残念だったのが、タウンジー在住、ブログ友達の亜香里さんに会えなかったこと!
今回、嫁の母親も一緒について来てしまい、そのためにあちこちまわることになってしまって
時間切れになっちゃった。また来るのでそのときはよろしく!

町から西のインレー湖方面へ下る道の途中より。
こんなに眺めのいい州都って他に無いんじゃないでしょうか。
写真には撮れなかったけど、バイクで乗り付けたカップルが道路脇の展望ポイントで
夕日に染まる風景をじっと見つめていたのが印象的でした。
c0098222_13312021.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-08-18 13:40 |
今回のネピドー行きは8月の学生さんの調査旅行に向けた事前調査も目的に
含まれていたのだけどどうもネピドーは見どころが少ない。
例えば列車物流の調査と言っても、ネピドー駅には貨物は停車しないとの話。
それでネピドーができる前からある、隣の町ピンマナを見に行きました。

こちらの方が俄然活気にあふれている!
市場に売られる商品の数も多いです。
c0098222_12012216.jpg
金物屋。
c0098222_12072225.jpg
軍の払下げ品を売る店も。軍用寝袋まで売っている。
軍靴は中国軍のものと同じでした。グリーンの布製の靴はよくシャン州の農家さんが
畑仕事の際に履いているのを見かけます。
c0098222_12130170.jpg
ピンマナは首都ネピドーへの物資輸送の中継点となっているそうなので、
首都の物流を知るにはこちらを見てもらった方がよさそうだな~と思いました。

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-06-14 12:26 | 未分類 | Comments(0)
とは言っても実は最初その店を外から見たときは、そもそも気づかずに通り過ぎて
しまうほど入り口は目立たないし、概観はやや古びた倉庫そのもの。
c0098222_21534887.jpg
しかし中にはいきなりハイセンスな空間が広がり、何だかヤンゴンとは別世界な感じでした。
ここはギャラリーとミャンマーの素材をモチーフとした家具などを売る店舗になっています。
写真右下のナガ族の布を使ったイスなんて素敵でしたね。
c0098222_22003474.jpg
私が面白いなと思ったのは展示されていたいくつかのアート。
ミャンマーのコンテンツを使ったこんなアートって今までほとんど見たことなかった。
c0098222_22032509.jpg
今回はYANGON CALLINGさんと一緒でした。
YANGON CALLINGさんの話では、商品の配置や天井からの自然照明の取り方など、
この空間はかなり高度に計算されているのだそうです。
なるほど、そう言われれば自然光だけで室内がやわらかい光に包まれていて隅々まで明るい…

TS.1についてはYANGON CALLINGさんのブログでもっと詳しく書かれています。
ご興味ある方はこちらへ!
c0098222_22021682.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-05-23 22:08 | 未分類 | Comments(2)
NGO地球市民の会がシャン州で栽培した有機野菜を販売するこのお店。
15日がOPENの日ということで、見に行ってきました。
実は1週間くらい前にも色々お話を伺いたく一度訪問していたのですが、
そのときはまだ野菜など売り物は到着しておらず。
OPENしたら最終的にどんな雰囲気になるのか楽しみでした。
c0098222_12184718.jpg
ひとことで言えば「オシャレ!」。
屋外は灼熱のヤンゴンでしたが、中は涼しく、どこか南仏カントリースタイルな
感じで落ち着く!

窓際に置かれた水菜や大根も何だかとてもオシャレに見えてきます。
c0098222_12193801.jpg
c0098222_12205096.jpg

個性的な大根たち!
c0098222_12220644.jpg
ここはオーガニックコーヒーが飲めるカフェにもなるそうですよ。
早いWi-Fiとか設置されたらアウトですね。PC持ち込んで居ついてしまいそうです。

うちもシャン州で野菜を育てていますが、こんなお店が作れたらいいな~と
思いましたね。
c0098222_12251028.jpg
ミャンマーの作物事情は残念ながらあまり良くなくて、輸送における管理の問題、
農薬の問題やその他課題が結構あったりします。
こうしたお店があることで、ミャンマーの食の安全についての意識がミャンマーの
人たちにももっと広がっていくといいですね。

所在地その他情報はこちらに出ていますのでチェック!



クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-05-16 12:28 | 未分類 | Comments(4)
マハムニパゴダへのお参りは実はそんなに興味はなく、近くに大きな市場が
あると聞いていたのでそこを見てみたかったのでした。

市場は南北にとにかく長い長い市場であった。
あまりにローカル色が強すぎたせいか取り立てて興味を引くものを見つける
ことはできなかったのですがまあスナップ写真だけ載せておきます。
このごちゃごちゃ、この混沌。アジアですね。たまりませんね~。
c0098222_17465896.jpg
c0098222_17474884.jpg
c0098222_17482413.jpg
c0098222_17492299.jpg


パゴダの入り口に戻ってきました。
ちょっと大通りになるとどこでも凄い数のバイクが疾走していますね。
旅人目線で見ればヤンゴンとは違ったこれもまたアジアらしい情緒を感じますが、
交通事故の数はヤンゴンの比じゃないような気がします。
早速この日の夜にも車とバイクの接触事故を目撃してしまいましたからね。
c0098222_17503289.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-03-17 17:56 | | Comments(1)

朝散歩

腹ごしらえはシーチェカオソエ(油そば)。店にお客が全然いないので味が心配でしたがおいしかった。
c0098222_09572115.jpg
レーダンの通りの裏の方までやってきました。この辺りは路上の店が少なく、道路のゴミも
あまり見当たらずすっきりきれいですね。手頃な家賃なら住むのによさそうです。
c0098222_09585116.jpg
で、締めの店へ。散歩時間は常に早朝の1時間だけなので、朝食が長引けば散歩時間は減ってしまいます。
この最後の締めの時間も重要だから、歩いている時間なんて実際は僅かですね。まあそれでいいのです。
左のお父さんの帽子が気になります。
c0098222_09595250.jpg
懐かしい瓶のコカ・コーラが売られていました。今までは缶しか無かったっはず。
よく見るとこれは去年から生産が始まったミャンマー製でした。
そういえば前にもチラと書きましたがこのバホランを歩いていて気になったのが、急速なコカ・コーラ
広告の増加。あの店にもこの店にもコカ・コーラのイスやパラソルや看板が。1本の通りだけでもかなり
見かけたので、他の通りも同じ状況だとしたら相当な浸透率ですね。
c0098222_10013841.jpg
この店の中にも妙に新しいコカ・コーラの冷蔵庫が。まあそれよりも右の方でずっとこちらを気にしていた
サングラスのおじさんの方が気になりましたがね。民主化される前には秘密警察があちこちで目を光らせていた
ミャンマーですが、しかし見るからに怪しい?ああいう人はむしろ普通のおじさんだったりするようです。
どちらにしてももう秘密警察はいない…はずですが。
c0098222_10023079.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-01-17 15:54 | | Comments(0)

パラタ屋

朝の散歩の続きです。
朝食はパラタにしました。道端の店にどっかと腰を下ろす。

おばちゃんが手際よく丸いのをのばして…
c0098222_9584086.jpg

フライパンでサッと火を通す。
c0098222_959230.jpg

豆パラタの出来上がり。
揚げニンニクをまぶしてくれました。
ゆで豆の控えめな甘さが口の中に広がります。

この店ではダジャー(砂糖)パラタ、チェッター(鶏肉)パラタ、ペイ(豆)パラタの
3種類が売られていました。
c0098222_9593271.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-12-23 17:57 | | Comments(0)

ミャンマーと関わり19年。ブログは10年目。現地で旅行社と田舎カフェやってます。日々の暮らしや旅風景など綴ります。


by thitsa
プロフィールを見る