カテゴリ:日本軍とミャンマーのこと( 16 )

日本軍の軍刀見つかる?

つい先日シャン州の知人から連絡があって、その彼の知人が日本軍の軍刀があるから
買わないか?と話を持ち掛けられたそうな。

金が無ければ君の車と交換してやろう、なんて言われたらしいですが、この軍刀は
果たして本物だろうか。日本人である私に鑑定依頼をしてきたというわけ。

こちらがその軍刀。刀身に「昭和十七年」「小田一郎」などと彫られている。
c0098222_16171781.jpg
ネットで調べてみると、これと同じと思われる軍刀を2年ほど前に日本の方が確認していて、
持ち主を捜しているとのことでした。しかし元のニュース記事は削除されていた。

まったく軍刀には詳しくないのですが、色々調べてみるとどうも本物ではないような
気配がするのですが、しかし偽物がシャン州の田舎にあるのもなんか不自然な気がするし…。
誰か詳しい人がいたら教えてください!

写真もう一枚です。
c0098222_16163520.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-09-02 16:19 | 戦争のこと | Comments(4)
今回の旅に関連して、昨年末に旅した際の遺骨の話も載せておきますね。
こちらは日緬情報誌SHWE BAMARの2月号に掲載していただいたものです。


今なおミャンマーに眠る遺骨

日本人が「ミャンマー(ビルマ)」と聞いて思い浮かべるもののトップ3に
「ビルマの竪琴」が入ると言っても、異論を挟む方はおそらく少ないだろう。
戦後、竹山道雄が書いた小説はその後2度にわたり映画化もされ、誰もが知る名作だ。

私が初めてミャンマーという国について知ったのが中学生の頃にこの映画を観たときだった。
異国で朽ち果てた戦友の屍を放っておけず、供養のため僧侶となって、
ひとりビルマに残る決意をした水島上等兵の姿に感動を覚えたものだった。
それ以来、どこか心の奥に、もし自分にも機会があれば水島の様な行動をするかもしれない、
という漠然とした思いが宿り続けていたのだろう。

先日、ミャンマー人の知人から日本兵の遺骨が放置されている場所があるという話を聞いたときにも、
その地を訪れることになんのためらいも感じることはなかった。

ヤンゴンから車で6時間程の、幹線道路沿いの小さな町が知人の故郷だった。
まず知人は広大な水田の先にある寺院を案内してくれた。
そこに101歳で亡くなった日本女性の墓があると聞いていたからだった。
寺の僧侶の話では、女性はずっと日本で暮らしていたが、
自分が死んだらこの地に遺骨を埋めてほしいと娘さんに遺言を残していたようだ。
女性の夫は第二次世界大戦中、この辺りで亡くなったのだという。
しかし夫の遺骨は日本に戻ることはなかった。今もこの地のどこかに眠っている。
だから死後、少しでも夫に近づけるようにとこの地を永眠の場所に選んだのだろう。

寺院の隅に南国の草木に包まれるようにして1つの墓石が置かれていた。
c0098222_14504725.jpg
寺院に眠る日本人女性について語る僧侶。
c0098222_14512115.jpg
翌朝、町から少しだけ離れた林の中の小さな集落を案内された。そこは幹線道路の
すぐ脇にあるというのに道は舗装されず家も昔ながらの木造建築が連なり、
何だか突然過去の時代へ戻ってしまったかのような雰囲気だった。

ひっそりと林に囲まれた集落。
c0098222_14521567.jpg
遠くに見える山脈は日本軍の撤退ルートだった。
c0098222_14524704.jpg

とある家でひとりのミャンマー人の老人から話を聞いた。彼は戦争末期、
村の外れの林で起こった惨劇を覚えていた。そこには8人の日本兵がいたという。
皆衰弱し、移動を続けることができなくなっていたのだろうか。
上官は彼らを並べて射殺し、その後自ら命を絶った。
その場所は戦後ずっと林の中でそのまま放置されていたというが、
その後農地拡大のため林の木が一部伐採され、遺骨が再び人の目に触れることに
なったのだと言う。現地を案内してもらったがそこはわずかな窪地になっていて、
今は丈の長い雑草に覆われていた。

「遅すぎるよ…」

そう言ったのはそばにいた村人の一人だった。当時を知る老人は既にそのほとんどが亡くなり、
話を聞いた老人は惨劇を知る最後の一人だった。今回、彼と会うことができなかったら、
永久に遺骨は発見されなかったかもしれない。

右手の草むら約70年間、遺骨が放置されたままだという。
c0098222_14532066.jpg
日本政府は大戦中に海外で亡くなった戦没者の遺骨収集事業について、平成26年度から
南太平洋諸国やミャンマーなどでの収集を強化する方針を固めたという。
ミャンマーに残る遺骨はおよそ4万5千柱。既にその存在を知る現地人も多くはこの世を去り、
見つけることのできない遺骨は相当な数だろう。早急な行動が必要だ。


この日緬情報誌SHWE BAMARですが、なんと3月号を最後に休刊になってしまいました。
5年以上フォトエッセイを連載させていただいてたのに残念…。
近いうちにウェブ媒体で何らかの形で再スタートする予定とのこと。
期待したいと思います。


クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-04-07 15:02 | 戦争のこと | Comments(0)

山脈に眠る日本兵

大変な苦労をしてバイクに乗って僻地の山奥までやってきたのは、
旧日本兵の方の遺骨があるという話を聞いたため。

同行した日本人は昔からミャンマーに関わっている後藤さん
大変興味を持たれていたので今回お連れすることになりました。

途中何と象さんにも遭遇。
あんまりジロジロ見ると近づいてきて危ないぞ!とのことなので
なるべく目を合わせないようにして撮影。
c0098222_12114708.jpg
ついに日本兵が亡くなったという現場に到着。
ここでは2名の日本兵と5名のミャンマー人が亡くなったとのこと。
5人のミャンマー人はポーターとして雇われ、後に日本兵によって
射殺されたと聞き、複雑な思いに。
口封じのために世話になっていた現地人を殺すということはよくあった
ようですが、いかに戦時とはいえいたたまれない思いを感じます。
c0098222_12123726.jpg
物凄い炎暑の中、時間も無く皆体力を消耗していたため遺骨の捜索は断念。
2名の日本人と5名のミャンマー人のために線香と飲み物を供えて冥福を祈りました。
ちなみにポーターのミャンマー人は6名いたのだけれど、1名は生き残ることができた。
そのため70数年後の今、私たちがここで起きたことを知り、この場所に立つことができたのでした。
c0098222_12140968.jpg
日本政府は大戦中に海外で亡くなった戦没者の遺骨収集事業について、平成26年度から
南太平洋諸国やミャンマーなどでの収集を強化する方針を固めたというニュースがありました。
ミャンマーに残る遺骨はおよそ4万5千柱。既にその存在を知る現地人も多くはこの世を去り、
見つけることのできない遺骨は相当な数になるでしょう。早急な行動が必要だと思います。

ミャンマーの戦争関連の話はこちらにも色々書いていますのでご興味のある方はご覧ください。


こちらは以前、近隣の村で発見された従軍記章。
c0098222_12244520.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-04-07 12:29 | 戦争のこと | Comments(0)
1週間ほど前ですが、終戦記念日を前にヤンゴンの日本人墓地を訪ねてみました。
前に訪れたのは確か2001年頃でした。その後何度もミャンマーに来ていたけれど足を運ぶことはなく、
とうとう10年以上も過ぎてしまいました。ジャンクションスクエアのダイソーで線香を購入していざ墓地へ。

久しぶりの墓地は随分と賑やかになっていました。以前は確かもっと殺風景だった気がします。
新しい石碑がやけに存在感を放っていました。

訪問者は私だけでしたが、名簿を見ると私の前に一人日本人が訪れていました。
過去の履歴を見ると結構ポツポツと訪れています。
ミャンマーではインパール作戦という無謀な戦いで多くの戦死者が出ているので、親族の訪問も絶えないのでしょうね。

ここは戦争中に亡くなった方たちの墓石がメインですが、この墓地が興味深いのは、戦争を更に遡った明治時代の
墓石も並んでいたこと。いわゆるからゆきさんと思われます。
墓石の中には夫婦の名が刻まれたものもありました。どういった経緯でこの地に暮らすことになったのか。
100年も昔にここミャンマーで日本人がどんな暮らしをしていたのかとても気になりました。

こちらのカテゴリで過去に書いた戦争関連の記事をまとめていますのでよかったらご覧下さい。


クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-08-15 10:49 | 戦争のこと | Comments(0)

最後まで残った男

第二次大戦中の激戦地メイッティーラの外れに、ある一つの僧院がある。
その僧院の奥には、一人の日本人のために建てられた石碑があった。
この石碑の名は「ウー・チャン・イエッ」。一人残った男という意味である。

敗色濃厚な戦争末期、南へと逃避を続ける一人の兵士がいた。
英軍は執拗に掃討作戦を仕掛けてくる。インパール作戦は完全な失敗だった。
インド国境の峻険な山岳地帯から白骨街道を生き延びて、やっとの思いでここまで来たが、
既にメイッティーラは敵の勢力圏内となっていた。

仲間は次々に死んでいく。
覚悟を決めたのだろう、彼は逃げるのを止めた。
一人藪に潜み、反撃を開始したのだ。

大勢の兵を投入して、物量にまかせて次々と撃ち込んでくる。それでも反撃が止まない。
英軍はそこに、相当の数の日本兵が隠れていると思ったらしい。
結局英軍は業を煮やして、そこに爆弾を投下した。

しかしそこに倒れていたのはたった一人の兵士だけだった。
その事実に、現地のミャンマー人たちは驚いた。そしてたったひとりで戦い続けたその男の勇気を讃えたという。

カメラ:サンヨー Xacti DSC-J1 フィルム:デジタル レンズ:37-104mm
c0098222_21413685.jpg

[PR]
by thitsa | 2012-08-15 13:00 | 戦争のこと | Comments(1)

松の木の墓標

カレン族にはキリスト教徒が多い。
仏教国と言われるミャンマーの、ごく普通の村の外れに突然十字架が林立する墓地を見つけたときには驚き、
違和感を感じたものだった。
しかし後日、更に衝撃的な事実を知ることとなる。

戦時中この村の近くの野戦病院で働いていたという元日本人看護婦の方からいただいた手紙によると、
病院で亡くなった日本兵の方々を一時期、この墓地の隅に埋葬していたというのだ。
埋葬する際、墓石の代わりに松の苗木を植えていったという。
現在、墓地の隅にはいくつもの立派な松の木が立っている。

これらは遠い異国で命を落とした日本人達の墓標だったのだ。

※ミャンマー語&日本語の月刊情報誌SHWE BAMARより転載

カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:50mm
c0098222_20581148.jpg

[PR]
by thitsa | 2012-08-15 09:05 | 戦争のこと | Comments(0)

戦争の遺物

南シャン州、アウンバンの寺院では、日本軍の燃料タンクらしきものを今も水道用の貯水タンクとして利用していた。

貧しい地方の村では、日本刀を加工して農作業に使ったり、飯ごうを炊飯に使ったりと、60年も昔の遺物を今でも活用している例をよく見かける。
それらは一介の旅人に、戦争の事実を思い起こさせる十分な存在感を放っていた。

※ミャンマー語&日本語の月刊情報誌SHWE BAMARより転載

カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_20478100.jpg

別の寺院の敷地内にもタンクが置いてあった。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_20502749.jpg

[PR]
by thitsa | 2012-08-14 20:50 | 戦時中のこと | Comments(0)

日本兵の孫

南シャン州、山地の村。日本兵の孫という人物に会った。

祖父は戦時中、村の近くに不時着した戦闘機のパイロットだったという。
しばらくして祖母と恋に落ち、やがて父が生まれた。
しかし戦況は逼迫していて、祖父は村を離れなければならなかった。

父の愛称は「ジャパン」。機械を直すのが得意で、それは手先の器用な日本人の血を引いているからだと言われた。
孫の彼も機械好き。
今、寺のラジオを直しているところだという。

血の力なのか、それとも思いの力なのか。少なからずこの辺境の村の青年に影響を与えた、遠い日の2人の出会いに思いを馳せた。

※ミャンマー語&日本語の月刊情報誌SHWE BAMARより転載

カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_17404424.jpg

[PR]
by thitsa | 2012-08-13 20:30 | 戦争のこと | Comments(0)

ヘルメットの鉢

今年も終戦記念日がやってきました。
以前㈱ニューコム様の日本語ビルマ語情報誌「シュエバマー」に掲載いただいた中から、
戦争の話をいくつか紹介していきたいと思います。


南シャン州、カロー。この町で小さな日本語教室を開いている老人がいた。
第二次大戦中に日本軍から日本語を学び、軍の仕事を手伝っていたのだという。
老人の家の庭は、たくさんの草花に満ちた美しいものだったが、そんな中、ふと1つの鉢植えを見るとそれは日本軍のヘルメット。

きっと昔からさほど変わらない町のたたずまいと、老人の古い日本語の話し振りもあいまって、当時の光景が生々しく脳裏に浮かんでくる。
六〇年以上も前、確かにここは戦場で、日本人がいたのだ。
カメラ:フジ FinePix1700Z フィルム:デジタル レンズ:35-105mm
c0098222_11491210.jpg

[PR]
by thitsa | 2012-08-12 11:51 | 戦争のこと | Comments(4)

日本軍がいた村7

彼女が夫から聞いた話では、この付近のどこかに金の入った箱が埋められているというのだ。初めて日本兵が訪れたときに持ち込まれたところを夫は見たのだという。

彼らがここへやって来たとき、兵の何人かがその箱を山へ隠しに行ったらしい。3丁のライフルと一緒にどこかに埋めたらしいことを夫は確認したという。
次第に戦局が悪化して、とうとう兵隊たちがこの村を去らなければならなくなったとき、彼らはその箱は持って行かなかった。

戦後、村人は何度か山へ探しに行ったのだという。しかし一度だけ森の中でライフルを一丁見つけたことはあったが、それきり何の手がかりも無く今に至っているという。
カメラ:ニコン F3 フィルム:フジ プロビア100 レンズ:28mm
c0098222_21491237.jpg

[PR]
by thitsa | 2009-10-24 21:51 | 戦争のこと | Comments(0)

ミャンマーと関わり19年。ブログは10年目。現地で旅行社と田舎カフェやってます。日々の暮らしや旅風景など綴ります。


by thitsa
プロフィールを見る