Myanmar Eye

カテゴリ:グエサウンビ-チ/Ngwe Saung( 6 )

グェサウンビーチ6

帰りのバスの予約をするために、商店街の外れの予約カウンターへ。
おばちゃんが座席表に名前を埋めていく。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_12264290.jpg

バスは地元の乗客で満員だった。
足元にはたくさんの荷物。
席の無い乗客は他人の荷物を勝手に座席代わりにして腰を下ろしてしまっている。
フロントガラスの上には道中の安全を願うため、釈尊や高僧の絵、パゴダの写真などが所狭しと貼り付けられている。
車中で唯一の日本人である自分だけがおそらく、運転手がブレーキを踏むたびに点灯する「停車にご注意」の表示が逆さになっていることが気になっていた。
きっと誰よりも早く注意できるな…。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_12272949.jpg

[PR]
by thitsa | 2009-01-18 12:27 | グエサウンビ-チ/Ngwe Saung | Comments(3)

グェサウンビーチ5

夕暮れの海岸に突如姿を現した不思議な岩2つ。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_203545.jpg

カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_20353366.jpg

見る角度を変えると何だか動物の頭のようにも見える。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_20361635.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-12-30 20:38 | グエサウンビ-チ/Ngwe Saung | Comments(2)

グェサウンビーチ4

17時56分。陽がだいぶ傾いてきた。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:50-200mm
c0098222_21572986.jpg

ここはミャンマーの西の端。
ベンガル湾に沈む夕陽を見ながら、その下に広がるインド大陸に想いを馳せる。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:50-200mm
c0098222_2158692.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-12-25 21:58 | グエサウンビ-チ/Ngwe Saung | Comments(0)

グェサウンビーチ3

現地の観光客が波とたわむれている。
一般的なミャンマー人はビーチで泳ぐとき水着に着替えずに、シャツのままで海に入ることが多い。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:50-200mm
c0098222_2217581.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-12-21 22:18 | グエサウンビ-チ/Ngwe Saung | Comments(0)

グェサウンビーチ2

車酔いに耐えてやってきた甲斐があった。
グェサウンは真っ白な砂浜の美しいビーチだった。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_22275138.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-12-19 22:38 | グエサウンビ-チ/Ngwe Saung | Comments(0)

グェサウンビーチ

12月も半ば、結構寒くなってきたので、ここはあえてミャンマーの南国ビーチリゾートを紹介してみます。

グェサウンはヤンゴンを陸路でずっと西へ進み、ミャンマー第四の都市パテインを越えた先のベンガル湾にあるビーチ。
きれいなビーチをヤンゴンから近い場所で楽しめると聞いたのでバスに揺られて向かったのだけれど、パテインを過ぎたあたりから丘陵地帯になって道路がクネクネと蛇行しはじめると途端に車酔いが始まり、何ともたまらない状態に。結局ビーチまでの道のりはものすごく遠く感じたのだった。

写真はパテイン方面へ向かうヤンゴン郊外のバスターミナル。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_17492488.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-12-14 17:49 | グエサウンビ-チ/Ngwe Saung | Comments(0)