カテゴリ:マンダレー・インワ遺跡/Inwa( 10 )

帰り道、桟橋の近くにて。

車に乗り込む際、土産物売りの子どもたちに囲まれてしまいました。
それぞれひとりひとりの商品は買ってあげられなかったのだけど、「それとこれとは別だよ」とばかりに、ビジネスの後は皆が笑顔で見送ってくれました。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_12122599.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-07-01 12:13 | マンダレー・インワ遺跡 | Comments(0)
と、突然クルッと振り向いてこちらの方に走ってきました。その手にあるのは…果物。木からマンゴーを失敬したようでした。
ミャンマー語で話しかけてみたら、ニコニコするだけで全然通じない。おかしいなーと思っていたら、何かを伝えようとするかのように身振り手振りを始めました。どうやら彼女は口が利けないようです。
見た目でこちらが旅行者とわかったのでしょう、「お土産にどうぞ」といった感じにジェスチャーをして、採ったばかりのマンゴーを分けてくれました。ゆっくりと口をしっかり開いて「ありがとう」と言うと、わかってくれたみたいで、照れくさそうに満面の笑顔を浮かべて走り去っていきました。

観光施設などを見て回るのも楽しいですが、旅先のこんな小さなやさしさが嬉しくて、何度もこの国に足を運んでしまうのかなあと思います。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_21325013.jpg


この後、馬車に乗って出発する間際に彼女が再びやってきて、もう2つマンゴーをプレゼントしてくれました。笑顔で旅人を送ってくれた彼女でしたが、そのうしろ姿は何だか寂しそうに見えました。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_2133152.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-06-22 21:43 | マンダレー・インワ遺跡 | Comments(2)
僧院の裏手にまわるとそこには古いレンガの壁が残されていました。
ふと見ると、女の子が崩れた壁の上に登って何かを見ている。いったい何を見ているの…?
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_21492741.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-06-18 21:50 | マンダレー・インワ遺跡 | Comments(2)
高い天井と黒い大きな木の柱が重厚な雰囲気を漂わせている本尊。今日は訪れる人も少ないため、中はとても静か。木の質感が何だか日本の寺を彷彿とさせて、親しみと懐かしさを感じた。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_2033366.jpg

若い僧がひとり、黙々と勉学に励んでいた。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_2035485.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-06-15 20:04 | マンダレー・インワ遺跡 | Comments(0)
草原の中、まっすぐに伸びた未舗装の道をガタゴト揺られながら進んだ先にあったのは、バガヤー僧院。ミャンマーでは珍しい、チーク材を使った木造の建物です。1834年に建てられました。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_22324373.jpg

僧院のあちこちには見事な木彫りの装飾が施されており、見ごたえがあります。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_22335112.jpg

カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_22341758.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-06-09 22:44 | マンダレー・インワ遺跡 | Comments(0)
いつ頃から使われなくなったのだろう。修復されることなく朽ちていくままのパゴダ。
1841年に時の王アラウンパヤーが都をアマラプラへと移したことにより、インワの都は急速に衰えていった。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_20474012.jpg

カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_20482872.jpg

屋根が崩れ落ちているのは、1838年に発生した大地震が原因だろうか。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_20485635.jpg

カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_20501231.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-06-08 20:51 | マンダレー・インワ遺跡 | Comments(0)
時が止まったかのように静かな村の道を進むといくつかの小さな山が見えてきました。
それは王都の名残りで、当時は都の四方を取り囲んでいた城壁の跡との事でした。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_21593485.jpg

カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_220657.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-05-24 22:01 | マンダレー・インワ遺跡 | Comments(0)
5分ほどで対岸に到着。
ぞろぞろと地元の人たちと一緒に下船。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_19572896.jpg

そこから先の遺跡観光へは馬車を使います。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_19583515.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-05-04 20:10 | マンダレー・インワ遺跡 | Comments(0)
平らな船体の前方にちょこんと、人ひとりがやっと入れるほどの小さな操舵室が。
柱には船員の手弁当が掛けられている。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_22575395.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-04-27 22:58 | マンダレー・インワ遺跡 | Comments(0)
ミャンマー第2の都、マンダレーの南にあるインワ(アワ)遺跡へ行ってきました。
ここは14世紀半ば、シャン族の王朝による王都が築かれた場所。以後、300年にわたるインワ(アワ)王朝の中心地として栄えました。
イラワジ川に沿うように車で1時間ほど南下すると、川を横断する船の渡し場に到着します。ここから船に乗って、対岸の遺跡の村へと向かいます。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_23102446.jpg

船は地元の人たちも利用していて、乗客や荷物の他に、自転車、バイク等も積み込めるよう、船体は安定した平らな形をしていました。
カメラ:ペンタックスK10D フィルム:デジタル レンズ:18-55mm
c0098222_23105297.jpg

[PR]
by thitsa | 2008-04-22 23:11 | マンダレー・インワ遺跡 | Comments(0)

ミャンマーと関わり18年。ブログは10年目。現地で旅行社と田舎カフェやってます。日々の暮らしや旅風景など綴ります。他には山村支援や雑貨屋、写真のことなどなど。


by thitsa