Myanmar Eye

カテゴリ:乗り物( 20 )

JR東日本ヤンゴン線

前回のバホラン散歩会には続きがあった!

…ま、帰りに鉄道を利用したというだけなんですが。
散歩会が終わった後にインセイン駅から南へ、O君とヤンゴン中心部を目指しました。
c0098222_11381771.jpg
駅に着くといきなり列車が到着。しかし急いで乗車券を買うも間に合わず!
仕方なく次を待つことに。以外にもすぐに次の列車は来てくれたのでよかった。
ホームは朝の割に人が少ない印象。土曜だから?
c0098222_11394906.jpg
どれどれ…ん?久留里線?JRの車両ではないですか。
窓が閉め切ってある。これは比較的最近導入されたエアコン車両ですね。
これは面白そう。1台待ってよかった。
c0098222_11403079.jpg
c0098222_11422596.jpg
車内。
おお…。乗車した途端、なんか日本に戻ってきたような雰囲気が。
強くそう感じるのは窓を閉めていいて外が見えないこととつり革があるせいかな?
c0098222_11414289.jpg
ミャンマーの列車といえばずっとこういうイメージだったから。
c0098222_11484649.jpg
車内を探索開始。

…続く!

クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2015-03-06 11:49 | 乗り物 | Comments(0)

ヤンゴン近郊 列車の旅とバスの旅

日本から来たBさん、タイから来たWさんと共に訪れたのはヤンゴンの郊外。
工業団地に近い場所ですが、目的の場所について情報が少なく、どこかの記事で
ある区間を走る「列車の窓から見えた」というなんとも乏しい情報を頼りに
列車の旅を敢行したのでした。
目的の場所というのはBさんの仕事に関する秘密の場所です♪
c0098222_18474827.jpg
運賃は確か外国人は一人1000チャットだったような気がしたのですが、このときには
事務所まで連れて行かれてサインをさせられたりと何だか面倒なことはありましたが
結局200チャットでOKでした。
c0098222_19012238.jpg
ま、旅と言っても乗車していたのは数十分ですが、とにかく目的の場所は
見つけることができました。しかし不思議なことに列車では確認できたのに
下車して探すと見つからない!
線路を歩いて戻って探したのですが見つからず。
c0098222_19040506.jpg
仕方なくもうひと駅先まで行ってみようということになり、既に動き出している
列車に飛び乗るという冒険を冒して次の駅へ。
飛び乗ろうとしたら車掌さんが列車の速度を落としてくれたのには驚き!
なんとものんびりしてますねえ。
しかしこのひと駅区間の乗車、なんと無賃乗車してしまいました。
車内でおっさんに何か話しかけられたけど、次で降りると言ったら許してくれました。

お目当ての場所を見つけることはできなかったのですが、下車した駅に隣接する町が
なんともノスタルジックというか、ヤンゴン中心部の喧騒からは想像できないような
のんびり度で、男3人子供のようにキョロキョロしながら散策を楽しんだのでした。
c0098222_19095006.jpg
c0098222_19114985.jpg
町を抜けると広い道路があり、そこからはバスに乗りました。
バスと言ってもトラックの荷台を改装したトラックバス。
ミャンマー3回目のBさんですがトラックバスに乗ったのは今回が初めて。
乗り心地はともかく楽しんでいただけたようでした。
c0098222_19124725.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-05-28 19:15 | 乗り物 | Comments(0)

ミャンマーの免許証取得!

ミャンマーに再移住して1年余り、ついにミャンマーの運転免許証を取得しました!
c0098222_20472932.jpg
前から取りたいとは思ってたのですが、きっかけは先日お会いしたフラットオートさん。
既にご自分でも運転されていて、免許取得の手順をブログに載せていただいていた
おかげで私もスピード取得できました。ありがとうございました!
フラットオートさんのブログはこちらです。

無事免許は取れたのですが、実はフラットオートさんほどスムーズではありませんでした。
そこのところだけ補足として書いておきたいと思います。

私の場合は日本の免許証を持っていったのですが、これで申請するには免許証の内容を
ミャンマー語に認証翻訳した書類が必要です。
薄々必要だろうとは思っていたのですが、他にも要求される書類があったら手間なので
とりあえず陸運局へ行ってみたのでした。

免許証の翻訳書類を作るために一度ダウンタウンの翻訳屋さんへ行きました。
30分くらいで作ってくれました。翻訳料金は8000Ks。

意気揚々と陸運局へ戻ったのですが、そこで残念なことが。
料金の支払い窓口が午後3時までだったのでした。

お金さえ払えれば免許証が手に入るのに!結局取得まで2日かかってしまいました…。

・日本の免許証は認証翻訳が必要
・支払い窓口は午後3時までなので早めに陸運局へ!


ヤンゴンではまだ車を買ってはいないのですが、月末にシャン州へ行くので
実家の車を使って田舎道で少し練習してこようと思ってます。


クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-05-20 20:52 | 乗り物 | Comments(2)

過酷なバイク旅

昨年11月に一度訪問したヤンゴン郊外の田舎にまた行ってきました。
今回は町からバイクの後ろに乗っかって僻地の悪路を丸1日という旅を経験。
過酷でした…。

落とされないようにずっと座席の脇のフレームを掴んでいたので
背中や腕がかなり痛くなってしまいましたよ。
c0098222_14293914.jpg
タイヤは2度パンク。
c0098222_14355141.jpg
ふと見ると、腕時計の温度計は44.1℃を表示している。日陰なのに!
この日は1日中頭痛が治まらず。
こんな暑いときに1日中外にいてはいけないんだということが
よくわかりました。
c0098222_14375645.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-04-01 14:40 | 乗り物 | Comments(0)

パゴダの入り口で異世界日本を見る

私が市場に行っている間、一緒に来ていた女性3人組はマハムニパゴダで
エライお坊さんの説法を聞きに行っていたのですが、終わったから
出てくるというので市場散策の後、パゴダの入り口で待っていました。
c0098222_20493365.jpg
ふと、目の前に停まっている乗り合いトラックバスを見るとこんなものが。
おばちゃんの逞しい腕と眼力も気になりますが、注目は下の絵です。
c0098222_20542017.jpg
きっと日本車であることを強調しているんでしょうね。
しかしこの絵は…。

「JAPAN」とあるからこれはやはり日本の風景と考えるべきでしょう。
想像力の限りに日本を表現してくれた感じでしょうか。
何だかちょっと嬉しいですね♪

ミャンマーでは手作り感にあふれたTOYOTA、NISSANのステッカーや
エンブレムなども時々見かけます。
c0098222_20561739.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-03-18 20:58 | 乗り物 | Comments(0)

トラックのタクシー

マンダレーには親戚が暮らしているのでとりあえずそこへ身を寄せる。

シャン州からお願いしていた運転手はマンダレーの車とバイクの多さに
慣れていないためタクシーを呼ぶことにしたのだけどこんなん来ました。
c0098222_22535363.jpg
荷台にどっかと腰を下ろして乗るのだけどこれがなかなか非日常感があって
結構好きなんです。
c0098222_22545888.jpg
マンダレー来たならとにかくまずは行くべきだ!とこちらの親戚に半ば強引に
決められてマハムニパゴダへ行きました。
c0098222_22562677.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-03-16 23:01 | 乗り物 | Comments(2)

交通事故に遭遇!

メイッティーラからマンダレーへの道中、交通事故に遭遇しました。
まだそれほど時間が経っていないようでした。
c0098222_15395393.jpg
荷台に乗客を乗せたトラックバスと普通乗用車が接触したようです。
後から知ったのですが、この事故で6名が亡くなったとのこと。

車両輸入のハードルが下がり比較的安価に車を購入できるようになって、
車の数が劇的に増えた結果、交通事故もすごく増えました。
早急にドライバーの運転技術向上を進めないとこんな事故は増える一方でしょう。

我らの運転手さんは主にシャン州の田舎しか走っていないため少々ビビリ気味。
気を引き締めてミャンマー第二の都市、マンダレーへ向かいました。
c0098222_15403311.jpg
で、マンダレー市内に到着。
この町はヤンゴンと違って都市部でもバイクが走っているので道路がバイクだらけで
危なっかしいことこの上ない!
この後我らが運転手は市内の運転を断念したのでした…。

店の前とかバイクがギッシリ。ヤンゴンでは見かけない光景。
c0098222_15411604.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-03-14 15:42 | 乗り物 | Comments(0)

バイクがバイクを積んで行く

再びミャンマーに戻ります(私自身は日本にいますが)。

シャン州から西へ、メイッティーラ近郊の村へ向かいます。
途中、交通の要所ターズィーへ。

そこで見たのはすさまじく過積載なバイク数台。
しかもバイクの荷がバイクという何とも奇妙な状況。
こんな状態ではるばる中国から持ってきてしまうのだそうです。
たくましいですね。
c0098222_11372159.jpg
どこか故障してしまったようですね。まあ不思議ではないですね。
こんな過積載。くれぐれも事故には注意してほしいです。
よくよく見るとどうもバイク2台積んでないかな…すごすぎる。
c0098222_11375079.jpg
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2014-03-01 11:44 | 乗り物 | Comments(2)

明日の建材を考えろ

オリジナルは「明日の建材を考える」なんでしょうね。

日本車大人気、日本車信仰が強いミャンマーでは、輸入された中古車に
書かれた日本語を消さずにいて、日本から来た日本車であることを
アピールしていますが、これはその強い思いがミャンマー人の手によって形となったもの。
真似して作ったけどあと一歩だったね!
c0098222_18541193.jpg

c0098222_2045296.jpg

クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-06-27 18:03 | 乗り物 | Comments(0)

ヤンゴン下町の足、サイカー

街角の木の下などに集まってじっとお客さんから声がかかるのを待つのは
ヤンゴン下町の必須交通手段とも言える「サイカー」。

「サイドカー」の語源の通り自転車にサイドカーを取り付けた軽快な乗り物。
自転車の速度で下町の風情を眺めながら進むのは楽しいひとときである。
最近は車の量が増えたので道路を走るサイカーがとても危なっかしく見えて
しまうのがちょっと残念。
c0098222_1214743.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
[PR]
by thitsa | 2013-05-20 01:26 | 乗り物 | Comments(0)