Myanmar Eye

11年ぶりのトンテー3

ヤンゴン郊外、焼き物の町トンテー。
町の市場を歩きました。
c0098222_23011501.jpg


食材売り場。
c0098222_23015883.jpg


衣料品売り場。
人の往来が多い通路横でも涼しい顔でミシンを踏む仕立て屋さん。
かなりの集中力を求められそう。慣れているんでしょうね。
c0098222_23024143.jpg


迷路のような市場の中で道を教えてくれた女の子。
c0098222_23032223.jpg


もう何年もミャンマーに住んでいるから「OKI」の洗濯用洗剤や
「ONE TEA」のコンデンスミルクの缶なんて見慣れているし。
でもこんな地方の市場の何の変哲もない雑貨屋さんの佇まいに
カメラを向けたくなってしまうのはなぜだろう。
c0098222_23044850.jpg


まだ続く。
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2018-01-22 16:00 | 人・暮らし | Comments(2)
Commented by naozoom at 2018-01-22 21:39
どこの国に行っても市場の雰囲気が好きですね。
20年前・・・思い返せばミャンマーを旅してから
20年が経つのか・・・各地の市場に行きましたが、
どこもタイとは違った良さがありました。
当時は安いゲストハウス泊ばかりで、4週間の旅で
US200ドルも使わなかったですが、今は物価が高く
なっているでしょうね。1泊100円以下で泊まれる
ところはもうないと思いますけど。どうでしょう?
Commented by thitsa at 2018-01-23 14:48
そうですね、昔もタイとは違った雰囲気でしたよね。
今は200ドルで4週間は厳しいと思います。
ドミトリーでも1泊800円くらいから見たいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。