Myanmar Eye

最近の田舎カフェ

南シャン州にある避暑地の小さな町カロー(Kalaw)で田舎カフェを経営
していることは前にも何度かご紹介していますが、久々に近況報告です。
前回のブログでのご紹介は随分前になっていましたね。
c0098222_20035259.jpg

"Instagram"や"Facebook"では結構頻繁に現地の様子をお伝えしては
いるのですが、こちらは基本的には写真と簡単な英語での紹介のみ。
店は主に英語圏の人やミャンマー人をターゲットにしているので。

カローという町には、欧米人の旅行者がトレッキングや気候の良いこの地で
のんびり過ごすために結構多く来ているのですが、日本人旅行者は残念ながら
まだまだ少なく。

それでもヤンゴン在住者を中心に日本人も来てくれるようになってきました。
先日は常にランキング上位の日本人ブロガーさんが来てくれました!
友人でタウンジー在住な亜香里さん、それからHMさん。ご紹介感謝です!


あと、こちらも常に上位のブロガーさんですが、ヤンゴンで販売している
カフェカローのコーヒーを紹介してくれました。ありがとうございました!


そしてヤンゴンでコーヒーが買えるお店はこちらです。
以前、ご紹介したこともあるハイセンスなミャンマー雑貨店。


他にもいろんな方があちこちでお店を紹介していただいていて、
ほんとにありがたいです!


やはりFacebookが盛り上がってますね。ミャンマー人Facebook大好きだから。
でも最近はInstagramユーザーもじわじわ増えているな、とも思います。
c0098222_20080220.jpg

Facebookではチェックインしてくれたお客さんが店での様子を色々と
紹介してくれていて、最近はこれを見るのがすごく楽しみ。
ヤンゴンなどから来たミャンマー人の若いグループがすごくいい感じに
自撮りしつつ店の様子も撮ってくれていて、時には本格的に一眼レフで
モデル撮影みたいに撮っていることも。実際にヤンゴン在住のモデルさんも
来ていたこともありました。
c0098222_20091615.jpg

2階のバルコニー席はシャン州の山並みが見渡せて眺めが良いので
わかるのですが、特別きれいにしているわけでもない入口あたりで
記念写真を撮る人が多いのがちょっと不思議。
c0098222_20093411.jpg


店の場所がちょっと郊外にあり、トレッキングの入り口になっている
道の脇にあるので、当初はトレッキングに行く外国人観光客が一番の
ターゲットでした。
しかしどうやらFacebookの力が大きいようですが、若いミャンマー人の
お客さんが今はすごく多くなっています。それもヤンゴンなど都市部から
やってきた、比較的裕福そうな人たちが目立っています。

地元で変わったお客さんといえば、軍人さんもよく注文をしてくれます。
多くは軍の施設へ届けに行っていますが、時々若くてイケメンな背の高い
軍人さんが朝、軍服でやってくることがあります。
女の子と店で待ち合わせていて、お忍びっぽい雰囲気で2階の個室で
楽しそうに過ごしていたのが印象的でしたね。

ドリップコーヒーパックの販売も始めました。
c0098222_20103440.jpg

自慢の自家焙煎コーヒーの注文状況ですが、やはりミャンマー人には
カフェラテやカプチーノなど、砂糖とミルクを入れたコーヒーが人気でした。
今年から日本の緑茶も始めたのですが、これも好評。

店にはランチとディナーのメニューは無く、主にトーストやサンドイッチを
提供しているのですが、これもまた結構人気になっていました。
特に裏庭で育てた無農薬レタスなど新鮮な野菜を使ったサンドイッチや、
マヨネーズたっぷりのトーストが人気です。
c0098222_20111411.jpg

それから店には日本人イラストレーターの卵?の子が描いてくれたイラストを
飾っているのですが、ミャンマーではなかなか無いタッチの画風が面白い
みたいで、時々写真に収めたり、どんな人が描いているのか訊かれるそうです。

描いてくれたのは大学のスタディツアーなどで今まで何回もミャンマーに
来てくれていた女の子。カローが大好きになってくれて、店やカロー周辺を
モチーフにした絵を描いてくれました。カフェを手伝ってくれたこともあります。
最近Instagramを始めたようです「こちら」。
c0098222_20154764.jpg

イラストを使ったエコバッグやマグカップなんかも作ってしまいました。
c0098222_20223150.jpg
c0098222_20224325.jpg

店がオープンして1年と3か月が経ちましたが、お店を持つというのは
楽しいですね。できればカローにもっと滞在して直接運営に関わりたい
ところですが、ヤンゴンで旅行社をやってますからなかなか難しいところです。

カローに来ることがあったら、立ち寄っていただけたらとても嬉しいです。

最近は予約制で「民家にて郷土料理をご馳走する!」というのもやっていて、
事前に連絡をいただければカフェの近くの家で夕食を食べることもできます。
実は日本からのツアーのお客さんにも提供しているのですが実に好評です!

あとうちは旅行社ですから、現地に行くまでの手配やトレッキングの手配も
承ってますのでどうぞご利用くださいませ!

カロー(Kalaw)への行き方ですが、ヤンゴンからは空路1時間10分、
ヘーホー空港(Heho airport)を目指します。
そこから車に乗って西へだいたい45分くらいです。

場所はカローに観光に来たミャンマーの人はだいたいみんな訪れる、
竹の仏像寺院(二―パヤー、Hnee Paya)へ行く道の途中。
道の名前はHnee Paya Rordです。

開店時間は朝8時半から夜8時半まで。
基本的には毎日やっています。

CAFE KALAW
Ward9,Hnee Paya Road, Kalaw, Myanmar.
Tel:09-2613-92989



クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2017-10-27 20:25 | ミャンマーで田舎カフェ! | Comments(0)