Myanmar Eye

ラインタヤー工業団地のスラムへ行った

先日、ミャンマーの労働環境や児童労働を学ぶツアーを
行ったのですが、私も2日間だけ参加してきました。

その行程でラインタヤー工業団地へ行った時がちょっと
ショックでした。

以前も工業団地の横は通ったことはあったのですが、
今回あらためてよく見てみれば、工場横のスラムがかなり
拡大している。

粗末な建物であることに加え、雨季の大雨で地面は水浸し。
衛生状態は最悪と言えそうでした。
c0098222_01243056.jpg

小奇麗な工場と、それらに寄り添うようにひしめく
中世の村のような集落の対比が痛々しい。
c0098222_01251554.jpg

2008年のサイクロン「ナルギス」の被害にあった、
デルタ地帯から避難してきた人たちが生活を始めたのが
最初だったそうですが、その後は職を求めて地方の村から
出稼ぎにやってきた人たちも加わって、今ではミャンマー
最大のスラムとなってしまったラインタヤー。

急激な経済発展に取り残されないよう、必死になって
この場所にしがみ付いているようにも見える。
大変な環境で暮らす彼らが早くここから出ていけるように
なるにはどうしたらいいのだろう?色々考えさせられました。
c0098222_01285464.jpg


クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2017-06-02 01:30 | 人・暮らし | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。