Myanmar Eye

ダゴン大学のサプライズ!

日本の大学とミャンマーの大学との交流の場を設けて今回ダゴン大学へ
やってきたわけですが、当初は1人の教授の方とお会いしてまずはご挨拶、
というつもりでいたのですがアポイントの日の数日前に最終調整で教授と
お話ししたら、何と学長直々にお話ししたいとの話が!

プラス他の教授も参加して5人の先生方がお会いいただけるという話になって、
急遽日本の大学について色々と紹介してほしいとのことで、日本の先生には
直前でしたが資料をご用意いただくようお願いしたのでした。

で、先生方が待っている部屋へ向かう。あれ、妙にサンダルの数が多いな…。
c0098222_21231180.jpg

なんか部屋がやけに広い。しかも人がいっぱい座ってる…。話が違うぞ!
c0098222_21234335.jpg

座っている皆さん全て教授とのこと。一気に緊張が高まる!
学生たちもミャンマーでの研究について一人ずつ紹介する予定だったので、
まさかの状況に呆然となる。
c0098222_21244523.jpg

日本側は准教授の先生お1人と学生5人だけですから、こんなに歓迎されるとは
思いませんでした。というか全然聞いてませんでした。

結局日本の先生はしっかりとエネルギッシュにプレゼンをこなすことが出来たし、
学生たちも慣れない英語でのプレゼンを大勢の教授の前でしたが何とか無事に
終わらせることが出来たのでした。みんなエライ!
c0098222_21255208.jpg
c0098222_21265408.jpg

現在ダゴン大学ではMOUを結んだり協力関係にある海外の大学数が20校ほど
あるそうですが、まだ日本の大学とはまったく関係を結んでいなかったのだそう。
それで大学側も歓迎してくれたんですね。
c0098222_21284137.jpg

緊張のひと仕事は終わり、この後は学内でお昼食べよう!ということで移動。
続く!
クリックいただけると嬉しいです♪
[PR]
by thitsa | 2015-08-24 21:31 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。